伊豆箱根鉄道と駿豆線沿線市町による旅客避難誘導訓練


 平成24年3月21日に駿豆線沿線地域活性化協議会において締結しました「災害時等における協力に関する協定」に基づき、同年12月に「災害対応マニュアル」を策定しました。
 協議会防災部会では、旅客の避難及び駿豆線を利用する地域住民への情報伝達の円滑な実施に備えるため、毎年訓練を実施しマニュアルに反映させております。
 今年は、沿線市町を含む東海地方に震度6強の大規模地震が発生したと想定し、駅間で停車した列車の乗客を指定された避難所に安全に避難させる訓練や、沿線市町との情報共有を行うための情報伝達訓練を行いました。

訓練日時

平成30年1月24日(水)9:55~12:00

訓練場所

伊豆長岡駅、韮山南小学校

参加人数、参加者

参加人数:約80人
参加者:伊豆箱根鉄道㈱、沿線4市町(伊豆市、伊豆の国市、函南町、三島市)、県東部危機管理局、大仁警察署、伊豆の国市民

訓練概要

訓練想定:上り電車運行中に東海地方に震度6強の大規模地震が発生。田京駅から伊豆長岡駅間で非常停止

《訓練スケジュール》

 
時 刻 訓 練 項 目 内   容
9:15 開会式  
9:55 訓練開始
地震発生(震度6強)
※非常停止訓練
・発報信号(緊急地震速報及び地震発生)の確認
・発報信号を受け、田京駅~伊豆長岡駅間で停止
・乗客へのアナウンス
・電車内の乗客数及び負傷者の有無の確認、協力者の依頼。
10:35 旅客降車開始 ・電車内から降車開始、要配慮者(車椅子・高齢者・妊婦等)から順次誘導。
11:15 雑踏整理訓練 ・滞留旅客であふれる伊豆長岡駅を駅係員と駅前交番で整理。
・避難所が開設されない状況下で、備蓄品を配布。
11:25 避難誘導訓練 ・伊豆長岡駅の滞留旅客を避難所の韮山南小学校まで避難誘導
12:00 訓練終了  

当日の様子

  • H29駿豆線合同訓練①
    緊急停止後、電車内説明
  • H29駿豆線合同訓練②
    要配慮者の降車訓練
  • H29駿豆線合同訓練③
    階段を利用した降車訓練
  • H29駿豆線合同訓練⑥
    乗客と協力した要配慮者への支援
  • H29駿豆線合同訓練④
    雑踏整理訓練
  • H29駿豆線合同訓練⑤
    避難誘導