三島市議会わかりやすく 信頼され 親しまれる

平成25年9月定例会の概要報告

10月1日(最終日) 議案審議


◎平成24年度各種会計決算(9件)を認定
 各常任委員会に付託されていた各種会計決算認定について、各常任委員長から審査の経過と結果について報告をしたのち、各会派の代表者から賛否の討論が行われました。
 採決の結果、「平成24年度三島市一般会計歳入歳出決算認定について」、ほか7特別会計、1企業会計の決算を議会は認定しました。


◎水道事業会計 未処分利益剰余金の処分を可決
 水道事業会計の平成24年度純利益約4,200万円のうち、今後の企業債償還金の財源とするため1,300万円を減債積立金に、水道施設の設備改良などの財源として1,300万円を建設改良積立金とすることを可決しました。


◎組合議会議員の選挙を実施

(1)三島市外五ヶ市町箱根山組合議会議員の選挙(当選者 13名)
  大房正治、佐野淳祥、藤江康儀、野村諒子、栗原一郎、秋津光生、松田吉嗣、土屋俊博、細井 要、石渡光一、金子正毅、岩田幸司(徳倉)、伊丹俊樹(大社町)

(2)三島市外三ヶ市町箱根山林組合議会議員の選挙(当選者 6名)
  古長谷稔、中村仁、碓井宏政、堀江和雄、川原章寛、大庭茂利(川原ヶ谷)

(3)箱根山御山組合議会議員の選挙(当選者 7名)
  瀬川元治、佐藤 晴、下山一美、杉山春茂(大場)、加藤勝功(八反畑)、鈴木良昭(中)、鈴木博之(谷田)

(4)箱根山殖産林組合議会議員の選挙(当選者 7名)
  瀬川元治、佐藤 晴、下山一美、杉山春茂(大場)、加藤勝功(八反畑)、鈴木良昭(中)、鈴木博之(谷田)

(5)箱根山禁伐林組合議会議員の選挙(当選者 7名)
  瀬川元治、佐藤 晴、下山一美、杉山春茂(大場)、加藤勝功(八反畑)、鈴木良昭(中)、鈴木博之(谷田)


◎3件の意見書を可決
  次の意見書を関係機関に提出することが可決されました。
  • 容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書
  • 若い世代が安心して就労できる環境等の整備を求める意見書
  • 鳥獣被害防止対策の充実を求める意見書



◎各常任委員会は閉会中も調査を継続
 各常任委員長からの申し出により、議会閉会後も調査活動を継続することが可決されました。継続して行う調査項目は次のとおりです。

総務委員会
 (1)公契約制度施策に関すること
 (2)公共施設のアセットマネジメント施策に関すること
 (3)ごみ減量化推進施策に関すること

福祉教育委員会
 (1)発達支援施策に関すること
 (2)小中一貫教育及び二学期制の検証に関すること
 (3)いじめ防止施策に関すること

経済建設委員会
 (1)三島sgに関すること
 (2)楽寿園活性化の施策に関すること

9月24日~27日 一般質問

9月24日(火)から27日(金)の4日間に、16人の議員が一般質問を行いました。

●一般質問要旨

9月10日(初日) 議案審議


◎平成24年度健全化判断比率及び平成24年度資金不足比率を報告
 地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づき、平成24年度決算の「実質赤字比率」、「連結実質赤字比率」、「実質公債費比率」、「将来負担比率」の健全化判断比率及び公営企業に係る「資金不足比率」が報告されました。
 三島市では早期健全化基準を超えて悪化している比率はありませんでした。

■健全化判断比率
判断比率の項目 三島市 早期健全化基準 財政再生基準
実質赤字比率 12.46% 20.00%
連結実質赤字比率 17.46% 30.00%
実質公債費比率 7.8% 25.0 % 35.0 %
将来負担比率 27.9% 350.0 %

■資金不足比率
特別会計の名称 資金不足比率 経営健全化基準
水道事業会計 20.0%
下水道事業特別会計 20.0%
楽寿園特別会計 20.0%



◎平成24年度の各種会計決算認定議案(9件)を委員会付託
 「平成24年度三島市一般会計歳入歳出決算認定について」ほか7特別会計、1企業会計(水道事業)の決算認定が上程されました。
 最初に豊岡市長から決算の概要説明が行われ、続いて、松岡監査委員から決算審査の報告が行われました。9件の決算認定議案はそれぞれ所管の常任委員会に審査が付託されました。

◎水道事業会計未処分利益剰余金の処分についてを委員会付託
 「議第48号 平成24年度三島市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について」は経済建設委員会に審査が付託されました。

◎平成25年度の補正予算7件を可決
 「平成25年度三島市一般会計補正予算」ほか6件の補正予算が可決されました。一般会計の補正については、2億2,354万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額は342億895万1,000円となりました。 一般会計の主な補正には次のものがあります。
・職員給与の臨時特例による人件費の減(▲1億3,002万8,000円)
・職員構成の変動等決算見込みによる人件費の減(▲7,697万4,000円)
・税収入還付金(2,000万円)
・生活介護事業所用地拡張事業(2,377万1,000円)
・国民健康保険操出金(▲4,995万1,000円)
・清掃センター管理費(6,400万円)
・市道維持修繕事業(5,220万円)
・一般市道整備事業(3,850万円)
・下水道事業操出金(▲2,021万7,000円)


◎2件の工事請負契約の締結を可決
 1.【工事名】「三島市清掃センターごみ焼却処理施設基幹的設備整備工事」
  【契約の相手方】荏原環境プラント株式会社
  【契約金額】25億7,250万円
 2.【工事名】「三島市公営住宅光ヶ丘住宅C棟全面的改善事業に伴う建築工事」
  【契約の相手方】駿豆建設株式会社
  【契約金額】1億7,010万円


◎1件の条例を可決
「三島市職員の給与の臨時特例に関する条例」
【主な改正内容】
 国家公務員と同様の給与削減を実施することを前提に平成25年度地方交付税が減額されることを踏まえ、平成25年10月1日から平成26年3月31日までの間における一般職の職員並びに市長及び副市長の給料月額を減額するものです。

◎1件の一部改正条例を可決
「三島市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」
【主な改正内容】
 新型インフルエンザ等緊急事態措置のために派遣された職員に対して、派遣を受けた普通地方公共団体が新型インフルエンザ等緊急事態派遣手当を支給することができるようになったことに伴い、支給に必要な規定を整備する等の改正を行うものです。

◎三島市教育委員会委員の任命に同意
 三島市教育委員会委員 草間路代氏の任期が平成25年9月30日をもって満了となることに伴い、引き続き草間路代氏を委員として任命することに議会は同意しました。


◎人権擁護委員の推薦に同意
 人権擁護委員 柿崎宏子氏の任期が平成25年12月31日をもって満了となることに伴い、新たに石川博敏氏を委員として推薦することに三島市議会は同意しました。