三島市議会わかりやすく 信頼され 親しまれる

平成29年11月定例会の概要報告

12月12日(火) 最終日 議案審議

◎1件の付託議案を可決
 経済建設委員会に付託されていた次の議案を可決しました。
1.議第71号「三島市散骨場の経営等の許可等に関する条例」
 【主な内容】
  平成26年市議会9月定例会で可決された「散骨場等の設置について規制を求める決議」を受け、散骨場の経営等の適正化を図り、もって公衆衛生の向上および市民の良好な生活環境の確保に寄与することを目的として、許可の基準や違反者への罰則をはじめ散骨場の経営等の許可等に関し必要な事項を定めるものです。

◎1件の付帯決議を可決
 議第71号に対する付帯決議が可決されました。
1.発議第3号「議第71号 三島市散骨場の経営等の許可等に関する条例」に対する付帯決議
 【主な内容】
  散骨場の経営等の許可後においても、同条例の効力を担保すべく、散骨事業者に対して保証措置を求めるなど、必要な措置を講ずるよう強く求めるものです。

◎1件の一部改正条例を可決
1.「三島市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例」
 【主な改正内容】
  「少量排出事業者」が事業活動に伴う一般廃棄物をごみ集積所に排出する場合において、市長が指定する収集袋を使用することとし、併せてその処理に係る手数料を徴収することとするのに伴い、当該手数料の額等を定める改正を行うものです。

12月5日(火)~8日(金) 一般質問

12月5日(火)から8日(金)に一般質問を行いました。
一般質問の発言者及び発言要旨はこちら

11月28日(火) 初日 議案審議

◎平成29年度の補正予算5件を可決
 「平成29年度三島市一般会計補正予算」ほか4件の補正予算が可決されました。一般会計の補正については、4億4,436万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額は356億8,646万2,000円となりました。 一般会計の主な補正には次のものがあります。

・職員構成の変動など決算見込みによる人件費(5,562万4,000円)
・マイナンバー制度導入事業(1,593万円)
・三島市、伊豆市及び伊豆の国市電算センター協議会負担金(▲2,000万円)
・障害者認定調査審査会等事業(780万円)
・自立支援給付等事業(1億4,314万7,000円)
・児童扶養手当支給事業(1,800万円)
・子ども・子育て支援給付費負担金(国費及び県費返還金)(762万9,000円)
・市立保育園管理運営事業(616万5,000円)
・不妊・不育症治療費補助金(600万円)
・健康診査事業(1,180万円)
・移住・子育て・耐震リフォーム事業費補助金(400万円)
・住むなら三島移住サポート事業費補助金(4,500万円)
・市道維持修繕事業(3,700万円)
・都市公園整備事業(700万円)
・富士山南東消防組合負担金(▲3,991万6,000円)
・予備費(1億813万円)


◎1件の工事請負契約の締結を可決
【工事名】三島市公営住宅南二日町住宅B棟全面的改善事業に伴う建築工事
【契約の相手方】小野建設株式会社
【契約金額】2億9,052万円


◎4施設の指定管理者を指定
 (1)三島市坂放課後児童クラブ
   【指定管理者となる団体】 坂児童クラブ実施委員会
   【指定の期間】 平成30年4月1日~平成35年3月31日

 (2)三島市北上高齢者すこやかセンター
   【指定管理者となる団体】 三島函南農業協同組合(JA三島函南)
   【指定の期間】 平成30年4月1日~平成35年3月31日

 (3)三島市老人福祉センター
   【指定管理者となる団体】 社会福祉法人三島市社会福祉協議会
   【指定の期間】 平成30年4月1日~平成35年3月31日

 (4)三島市民文化会館
   【指定管理者となる団体】 株式会社SBSプロモーション・株式会社エスピーエスたくみ・株式会社NTTファシリティーズ東海支店
   【指定の期間】 平成30年4月1日~平成37年3月31日


◎1件の議案を委員会付託
・「議第71号 三島市散骨場の経営等の許可等に関する条例案」は経済建設委員会に審査が付託されました。


◎3件の一部改正条例を可決
1.「三島市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例」
 【主な改正内容】
  市山新田優良田園住宅地区計画及び大場赤王優良田園住宅地区計画に定められた当該地区計画区域内における建築物の用途、容積率、建ぺい率、最低敷地面積等の要件について、その実効性を高めるため、これらの要件を同区域内における建築物の制限として規定する改正を行うものです。

2.「三島市手数料条例の一部を改正する条例」
 【主な改正内容】
  指定居宅介護支援事業者の指定の権限が県から市に移譲されることを受け、その指定等の申請に対する審査手数料に係る規定を設けるほか、現在市が行っている指定地域密着型サービス事業者等の指定等についても、新たにその審査手数料に係る規定を設ける改正を行うものです。

3.「三島市民文化会館条例の一部を改正する条例」
 【主な改正内容】
  三島市文化振興基本計画の重点プロジェクトである「市民文化会館を新しい広場に」の実現を目指し、市民の文化振興の拠点としての利活用をさらに促進するため、現在利用に関する規定のないロビー、エントランスホール及び屋外広場を新たに貸し出すことができるよう、これらに係る利用料金の限度額を定めるなどの規定の整備を行うものです。