三島市議会わかりやすく 信頼され 親しまれる

平成30年2月定例会の概要報告

3月16日(金) 最終日 議案審議

◎平成30年度各種会計予算(8件)を可決
 各常任委員会で審査された平成30年度三島市一般会計ほか5特別会計、2企業会計の予算案について、野村総務委員長、杉澤福祉教育委員長、佐野経済建設委員長が審査の経過と結果を報告しました。
 委員長報告に引き続き、一般会計予算案については、反対討論1件及び賛成討論6件が行われ、採決の結果、賛成多数で可決しました。このほか、5特別会計、2企業会計の予算も原案どおり可決しました。

◎17件の一部改正条例を可決
1.「三島市地方活力向上地域における市税の特例に関する条例の一部を改正する条例」

2.「三島市都市公園条例の一部を改正する条例」

3.「三島市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例」

4.「遠藤奨学基金設置条例の一部を改正する条例」

5.「三島市総合福祉手当に関する条例の一部を改正する条例」

6.「三島市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例」

7.「三島市水道事業の業務の状況を説明する書類の作成及び公表に関する条例の一部を改正する条例」

8.「三島市特別会計条例の一部を改正する条例」

9.「三島市部設置条例の一部を改正する条例」

10.「三島市水道事業給水条例の一部を改正する条例」

11.「三島市下水道条例の一部を改正する条例」

12.「三島市都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例」

13.「三島市公共下水道事業受益者分担金に関する条例の一部を改正する条例」

14.「三島市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例」

15.「三島市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例」

16.「三島市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例」

17.「三島市職員の退職手当支給に関する条例等の一部を改正する条例」

◎三島市固定資産評価審査委員会委員の選任に同意
 三島市固定資産評価審査委員会委員 五味哲也氏の任期が平成30年3月26日をもって満了となることに伴い、引き続き五味哲也氏を委員として選任することに議会は同意しました。

◎三島市教育長の任命に同意
 三島市教育長 西島玉枝氏の任期が平成30年3月31日をもって満了となることに伴い、引き続き西島玉枝氏を三島市教育長に任命することに議会は同意しました。

◎人権擁護委員の推薦に同意
 人権擁護委員 石井幸子氏の任期が平成30年6月30日をもって満了となることに伴い、引き続き石井幸子氏を人権擁護委員に推薦することに議会は同意しました。

◎平成29年度の補正予算1件及び平成30年度の補正予算1件を可決
 「平成29年度三島市一般会計補正予算」及び「平成30年度三島市一般会計補正予算」が可決されました。平成29年度の一般会計の補正については、2億1,251万4,000円を増額し、歳入歳出予算の総額は358億7,759万4,000円となりました。平成30年度の一般会計の補正については、8,690万円を減額し、歳入歳出予算の総額は345億1,310万円となりました。
 主な補正には次のものがあります。

【平成29年度一般会計補正予算】
・各小学校施設補修整備事業(947万1,000円)
・各小学校トイレ改修事業(1,413万1,000円)
・各中学校施設補修整備事業(1,031万円)
・各中学校トイレ改修事業(1億6,616万6,000円)
・各小学校給食室空調設備更新整備事業(1,386万5,000円)
 
【平成30年度一般会計補正予算】
・各小学校施設補修整備事業(△660万円)
・各中学校施設補修整備事業(△1,031万円)
・各中学校トイレ改修事業(△9,324万3,000円)
・各小学校給食室空調設備更新整備事業(△620万円)
・予備費(2,945万3,000円)

◎三島市議会議会基本条例等検討特別委員会を設置
 地方分権時代に求められる役割や責務を果たせる議会を目指すとともに、議会基本条例等の制定に向け、本市の議会運営のあり方について調査・検討するために特別委員会を設置しました。
委員は下表のとおりです。

委員長 副委員長  委員  会派名
川原 章寛 大石 一太郎 大石 一太郎 清論会
佐藤 寛文
杉澤 正人
藤江 康儀 改革みしま
佐野 淳祥
松田 吉嗣 緑水会
瀬川 元治
岡田 美喜子 新未来21
川原 章寛
堀江 和雄 公明党
村田 耕一
下山 一美 日本共産党議員団



◎議会運営委員会の閉会中の継続調査を可決
 議会運営委員長からの申し出により、議会運営に関する事項について議会閉会後も調査活動を継続することが可決されました。

3月12日(月)~14日(水) 一般質問

3月12日(月)から14日(水)に一般質問を行いました。

一般質問の発言者及び発言要旨はこちら

2月27日(火)、28日(水) 代表質問

各会派の代表者が代表質問を行いました。

代表質問の発言者及び発言要旨はこちら

2月20日(火) 初日 議案審議

◎平成30年度施政方針及び各種会計予算案8件を市長が説明
 平成30年度三島市一般会計ほか、5特別会計、2企業会計(水道事業、下水道事業)の予算案が上程されました。
 豊岡市長から平成30年度の施政方針及び予算案の大要について、平成30年度予算は「ガーデンシティを活かした都市基盤整備による賑わうまちづくりと活力みなぎる産業の創造」、「スマートウエルネスで育む健幸なくらしの実現と夢が高まり未来へ翔(はば)たく教育・文化の推進」、「コミュニティで創る誰にも優しい安全・安心なまちづくりと笑顔あふれる子育て・福祉の充実」を基本方針と定め予算編成したとの説明がありました。

【各種会計予算額(案)】
 ・三島市一般会計予算案(346億円)
 ・三島市国民健康保険特別会計予算案(116億8,033万1,000円)
 ・三島市介護保険特別会計予算案(73億4,743万円)
 ・三島市後期高齢者医療特別会計予算案(13億6,916万7,000円)
 ・三島市墓園事業特別会計予算案(501万2,000円)
 ・三島市駐車場事業特別会計予算案(6,941万円)
 ・三島市水道事業会計予算案(24億3,591万8,000円)
 ・三島市下水道事業会計予算案(47億3,150万8,000円)

 ※平成30年度の施政方針、各種会計予算案に対する代表質問を2月27日、28日に行いました。

◎平成29年度の補正予算6件を可決
 「平成29年度三島市一般会計補正予算」ほか5件の補正予算が可決されました。一般会計の補正については、2,138万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額は356億6,508万円となりました。 一般会計の主な補正には次のものがあります。
・人事院勧告等に伴う人件費(2,408万4,000円)
・退職手当(3,344万5,000円)
・臨時福祉給付金等の返還金(一般諸経費)(4,142万7,000円)
・児童保育事業(7,066万8,000円)
・生活保護扶助事業(4,500万円)
・決算見込に伴う光熱水費(△2,700万円)
・一般市道整備事業(△5,600万円)
・県単独街路整備事業地元負担金(1,872万9,000円)
・急傾斜地崩壊防止事業(△1,200万円)
・予備費(△5,517万5,000円)

◎市道路線を認定
 次の4路線を認定しました。
・新谷19号線

◎1件の新規条例及び13件の一部改正条例を可決
1.「三島市指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準を定める条例」

2.「三島市介護保険条例の一部を改正する条例」

3.「三島市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」

4.「三島市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」

5.「三島市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」

6.「三島市地域包括支援センターの包括的支援事業の人員等に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」

7.「三島市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例」

8.「三島市国民健康保険保険給付等支払準備基金条例の一部を改正する条例」

9.「三島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例」

10.「三島市障がい者支援センター佐野あゆみの里条例の一部を改正する条例」

11.「三島市営住宅条例の一部を改正する条例」

12.「三島市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」

13.「三島市特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」

14.「三島市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例」