第14回地球環境大賞「優秀環境自治体賞」受賞!(平成17年4月14日)

地球環境大賞の趣旨 

フジサンケイグループが主催する地球環境大賞は、「産業の発展と地球環境との共生」を目指し、先進的な環境保全活動を行っている企業、自治体、大学、市民グループを対象に表彰しているものです。

三島市の受賞について

今回の地球環境大賞「優秀環境自治体賞」を受賞する三島市は、全国2,900余の自治体の中で唯一選ばれた自治体となり、静岡県内で初の受賞となるばかりか、過去の受賞自治体(都道府県を除く)もわずか7市区町村と、大変価値ある受賞です。

評価された三島市の環境への取組

  • 幼稚園、保育園、小、中学校を含む市のすべての施設でのISO14001の取得
  • 幼児環境教育教材の幼保一元化、小学生環境副読本の作成など環境教育ツール(教材等)の開発
  • 環境学習出前授業などの学校と行政の連携
  • 小学生環境探偵団や中学生環境リーダー研修、市外の住民をも対象にした環境大学の開校、さらには都市との協働による森林ボランティアの育成など行政の枠はもとより、市外、県外など地域を越えたボーダーレスの環境教育・環境学習への取組が高く評価され、このたびの受賞となりました。

※授賞式は2005年4月14日(木)に東京の明治記念館で秋篠宮同妃両殿下ご臨席のもと盛大に開催されました。