4m未満の道路に接して建物を建築される皆様へ

市では、4m未満の道路に接して建物を建築する皆様に対して、道路後退線部分に「道路後退表示杭」を埋設するようお願いしています。

 市内には、昔から狭い道路沿いに建物が密集して立ち並んでいる地区が多く、災害時など緊急な場合、消防車や救急車などの活動に支障を きたすことがあります。
 そこで市では、4m未満の道路に接して建物を建築する場合、道路の 中心線からそれぞれ2m(道路の反対に河川・がけ地・線路等がある場合は、河川等の境界線から敷地側に4m)を道路の境界線とみなす線(道路後退線)とし、建築確認申請時等に建築主の皆様等に「道路後退表示杭」を無償支給し、表示杭を打ち込むようお願いしています。
 また、道路後退線の標示部分は、建築基準法で「道路とみなされる」 部分として取り扱われるので、その区域内に建築物(門・塀・擁壁等 も含みます)を造ることは禁止されています。
 4m未満の道路に接して建物を建築される皆様がこのルールを守ることにより、日照・通風・防火・避難等良好な環境の生活道路が確保されるものです。安全で快適なまちづくりは、建築される皆様の協力によって築かれています。