国民年金とは

公的年金のしくみ

 公的年金制度には、国民年金、厚生年金保険、共済組合があり、日本国内に居住する20歳から60歳までの人が、すべて「国民年金」に加入し、将来共通の「基礎年金」を 受け取ることとなります。

 会社に勤めている人や、公務員を対象とした、厚生年金保険・共済組合の年金制度に加入している人も、国民年金に加入していることになります。

 「国民年金」は公的年金制度の土台的部分で、老齢になったときなどに、基礎年金を支給する制度です。
 厚生年金保険や各種共済組合の年金制度に加入している人には、加入期間に応じた年金が、この基礎年金に上乗せして支給されます。

国民年金制度のあらまし

 国民年金は、国内に在住する20歳以上60歳未満の人が必ず加入する年金です。(外国人も含まれます)

 加入者は、職業などにより次の3つに分けられます。

  加入者 保険料の負担方法
第1号被保険者 日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の人で、学生及び自営業や農林漁業を営む人等とその配偶者 自分で国民年金保険料を納めます。
第2号被保険者 厚生年金保険・共済組合などに加入している人

※65歳以上の人は原則として第2号被保険者ではありません。年金受給権のない人のみが第2号被保険者となります。

厚生年金保険や共済組合制度の保険者がまとめて負担します。(自分で納める必要はありません)
第3号被保険者 厚生年金保険・共済組合などの加入者(第2号被保険者))に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者が該当します。ただし、届出が必要です。 配偶者の加入している厚生年金保険や共済組合制度の保険者がまとめて負担します。(自分で納める必要はありません)


※このほか、希望すれば加入できる(任意加入)の制度があります。