給付される年金 遺族基礎年金

国民年金に加入中の方が亡くなった時、その方に生計を維持されていた「子のある配偶者」または「子」に遺族基礎年金が支給されます。
※子は18歳到達年度の末日(障害がある場合は20歳まで)となります。

遺族基礎年金が支給される要件

  1. 死亡した人の保険料を納めた期間(免除期間を含む)が加入期間の2/3以上あること
  2. 老齢基礎年金の受給資格(25年)を満たした人が死亡したとき
  3. 死亡日の属する月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと です。
  4. 死亡した人により生計を維持されていたこと    (収入が850万円以上の遺族は、生計を維持されていたと認められませんのでご注意ください。)

【遺族基礎年金の額】 

・子のある配偶者に支給されるとき
子が1人の場合      1,004,600円
子が2人の場合      1,229,100円
子が3人の場合      1,303,900円  

(基本額:780,100円+子1人の加算額:224,500円)
※子3人目以降は1人につき74,800円加算