障害福祉の在宅サービスと介護保険制度とのかかわりについて

介護保険のサービスを利用するには

65歳以上の方が常に介護が必要な状態(要介護状態)や、日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)になった場合に、要介護認定を受けて、要介護又は要支援と認定されればサービスを受けることができます。また、40歳以上65歳未満の方が、初老期における認知症、脳血管疾患など老化が原因とされる病気[特定疾病(注)]により、要介護状態や要支援状態になった場合も同様です。
手帳所持者の補装具や日常生活用具などの在宅サービスは、介護保険が優先されます。
詳しくは、三島市長寿介護課へお問合せください。

(注)特定疾病の範囲

  • がん【がん末期】
  • 関節リウマチ
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • 後縦靭帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗鬆症
  • 初老期における認知症
  • 進行性核上麻痺、大脳基底核変性症及びパーキンソン病【パーキンソン病関連疾患】
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症
  • 多系統萎縮症
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性賢症及び糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患(脳出血・脳梗塞など)
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 慢性閉塞性肺疾患 (肺気腫・慢性気管市炎・気管支ぜんそく・びまん性汎細気管支炎)
  • 両側の膝関節、または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症