生活保護について

 自分の生活は、自分の責任で営んで行くことが、自然の姿であることは申すまでもありません。しかし、平和で明るい家庭が突如働き手を失ったり、家族が大病を患うなどの不幸にみまわれ、自活が出来なくなるという家庭の危機が、いつ私たちの身に降りかかってくるかわかりません。
 こういう窮迫状態を救うのが 社会保障制度の一つである生活保護法です。
この制度は、憲法第25条による国民の生存権の保障を具体的に実現する制度で、最低限度の生活を保障するとともに、その世帯の自立を助長することを目的としています。

生活保護を受ける世帯

 自分たちの生活のためにあらゆる努力をしていることが条件となります。

生活保護を受ける条件(全てを満たすこと)

  1. 世帯の各人がその能力に応じて働いてもなお、生活に困る場合
  2. 預貯金、生命保険、自動車、不動産等の資産を活用してもなお、生活に困る場合
  3. 親、子、兄弟姉妹等からの援助を受けてもなお、生活に困る場合
  4. 他の社会保障制度などで受けられるものはすべて受けてもなお、生活に困る場合

生活保護の8つの扶助

  1. 生活扶助  飲食物費、電気水道料、衣類、寝具、移送費、など
  2. 教育扶助  義務教育費、給食費、教材費、交通費、など
  3. 住宅扶助  家賃、地代、家屋修理費、など
  4. 介護扶助  居宅介護、福祉用具、住宅改修、施設介護のための費用、など
  5. 医療扶助  医療費、通院移送費、看護料、治療材料費、など
  6. 出産扶助  出産のための費用
  7. 生業扶助  技能修得費、就職支度金、生業開始のための費用
  8. 葬祭扶助  葬祭のための費用

ご相談は

  • 地区の民生委員
  • 福祉総務課 保護係