入札参加資格とは

入札参加資格(業者登録)とは

 普通地方公共団体は、地方自治法施行令第167条の5の規定により、一般競争入札に参加する者に必要な資格を定めることができるとされています。また、同政令第167条の11の規定では、普通地方公共団体が指名競争入札を行う場合は、あらかじめ指名競争入札に参加する者に必要な資格を定め、その資格を有する者のうちから指名しなければならないとしています。
 これらの規定により、地方公共団体は、競争入札に参加する者に資格(入札参加資格)を告示し、資格審査を実施しています。

入札参加資格審査申請の受付時期

 三島市では、資格審査を2年に1回行うこととしています(定期受付)。 この審査により入札参加資格の認定を受けた場合、その資格の有効期間は、次の定期受付までの2年間となります。
 審査申請の受付けは、3週間ほどの期間を定めて行っており、当該期間以外の時期の受付けは行っていません。
 ただし、2年に1回の定期受付の中間年にも、次の1年間のみを有効期間とする追加受付を行っています。追加受付についても、期間を定めて受付けを行っています。

入札参加資格を申し込むには

 三島市は、入札参加資格審査の受付けを行うにあたって、必要書類や受付期間などを定める告示を行い、その内容を三島市ホームページや広報みしまに掲載しています。
 入札参加資格審査申請を希望する方は、三島市ホームページで必要書類・受付期間を確認し申請してください(郵送のみ)。
 なお、申請書類等はすべて三島市ホームページでダウンロードしていただきます。