指定校変更について

指定校変更について

指定校変更とは、転居、住宅の新築等の理由により、指定の学区でない市内の学校に通うことをいいます。
 指定校変更は、所定の条件を満たし、保護者が必要書類を添えて教育委員会に申請をし、教育委員会が認めて初めて許可されます。したがって、申請したからといって、それが必ず認められるとは限りません。いずれの場合にも、保護者が責任を持って安全にお子さんを学校に通わせることができるよう、申請時に誓約書への記入・捺印が必要です。
 申請は、教育委員会学校教育課(市役所中央町別館2階)で受け付けています。

指定校変更許可基準

 

理由

許可基準

対象学年

許可期間

必要書類

1

身体虚弱等

児童又は生徒が心身に障害を有する場合若しくは身体が虚弱である場合

全学年

その理由が解消するまで(継続の場合は、毎年申請)

医師の診断書

2

両親共働き

両親が共働き(両親のいずれか又は双方がパートタイム勤務の場合を除く。)その他特殊な家庭事情により、小学校の放課後、当該児童の保護者が家庭にいない場合

小学校全学年

その理由が解消するまで(継続の場合は、毎年申請)

両親の勤務証明書、児童預かり証明書(※様式をダウンロードできます)

3

転居

児童生徒が転居等の事由で転校することにより、教育に著しく支障を来すと認められ、かつ、通学に支障がないと認められるとき。

全学年

学期末、学年末、小学校又は中学校を卒業までの希望する期間。

学齢児童生徒異動通知書
(住所異動時に市民課で発行)

4

地理的事情

地域的・地理的な事情又は通学途上に配慮すべき危険な箇所があるとき。

全学年

その理由が
解消するまで(継続の場合は、毎年申請)

町内会長等の意見書、居住地区の地図

5

住宅新築等

住宅の新築又は取得により、住所を変更することが明らかなとき。

全学年

住宅を新築又は取得し、住所を変更するまで

建築確認書及び売買契約書の写し
又は賃貸借契約書の写し

6

一時転居

住宅の改築等により、一時的に住所を変更した場合で、当該改築等の完了後、従前の住所地へ住所を移すことが明らかであるとき。

全学年

住宅改築を完了し、住所を変更するまで

住宅改築契約書の写し

7

その他

前各号に定めるもののほか、教育委員会が認める正当な理由があるとき。

全学年

その理由が解消するまで(継続の場合は、毎年申請)

教育委員会が必要と認める書類

  
    7 (その他)について(例)
  • 在籍校でいじめにあっているので、転校したい。
  • 学区の中学校に現在活動している部活動がないので、その部がある中学校に入学したい。

申請書ダウンロード