自立支援医療(更生医療)の給付について

身体の障害を軽減、改善し、日常生活を容易にするための医療(角膜移植術など)に対する助成制度です。
 医療費の自己負担割合が1割となり、病状や世帯員等の税額等に応じて月額負担上限額が定められます。
 施術等の前(1か月半前程度)に申請する必要があり、施術等は指定された医療機関にて行います。

更生医療の対象となる医療の例

  • 視覚障害: 角膜移植術、水晶体摘出術、網膜剥離手術など
  • 聴覚障害: 外耳道形成術、穿孔閉鎖術など
  • 肢体障害: 関節形成術、人工関節置換術、脊柱管拡大術など
  • 内部障害: 心臓弁形成術、腎・肝臓移植術など

対象者

18歳以上の身体障害者手帳所持者

助成方法

 対象者には受給者証を交付します。医療機関で、受給者証と健康保険証を提示して下さい。
 入院時食事療養費や差額ベッド代等は、本制度の助成の対象とはなりません。

受給者証申請手続き

必要書類
  1. 身体障害者手帳
  2. 健康保険証の写し(国民健康保険の方は加入者全員分)
  3. 自立支援医療(更生医療)医師意見書(障がい福祉課に用紙があります。)
  4. 認印

*上記を障がい福祉課に提出してください。静岡県で審査・決定した後、障がい福祉課を通じて結果が交付されます。
 (受給者証が交付されます。)

負担費用

 原則1割の自己負担がありますが、負担が重くならないように所得区分に応じて月額負担上限額を設定しています。