障害基礎年金について

障害基礎年金

対象 国民年金に加入中のケガで障がい者になったときや20歳になるまでに障がい者になったときに支給されます。
障害年金の等級は、身体障害者手帳等の等級とは別に、国民年金法による等級表により認定されますので、身体障害者手帳等を所持しているからといって必ずしも障害基礎年金を受給できるわけではありません。
手続 別途、手続きを加入保険にて行ってください。詳しくは、市保険年金課国民年金係、年金事務所、各共済組合にご相談してください。