地域支援事業で介護予防を!

 地域支援事業は、65歳以上の方を対象に実施される基本チェックリストにおいて、生活機能の低下が心配され、近い将来、介護が必要となる可能性が他の高齢者と比べ高いと考えられる高齢者(=特定高齢者)を対象にした事業を始め、元気な高齢者や要支援1・2の方なども広く対象とする一般向けの介護予防事業や自立した生活を支援する事業等を行っています。元気なうちから生涯を通じ、介護予防に取り組みましょう。事業内容は現在次のとおりですが、詳細は、長寿介護課 高齢者福祉係(電話983-2609)にお問合せください。

事業名 対象者 内容
特定高齢者通所型介護予防事業 特定高齢者 特定高齢者を対象に、デイサービス施設等に通所して運動機能の向上や栄養改善、口腔指導を行います。
特定高齢者訪問型介護予防事業 特定高齢者 保健師等が、閉じこもりや認知症等のおそれのある高齢者の居宅を訪問し、生活機能に関する問題を総合的に把握、評価し、相談や指導を行います。
介護予防普及啓発事業 一般高齢者 介護予防についての基本的な知識を普及啓発するため、有識者による講演会や体操教室等を開催します。
家族介護教室 介護する家族等 要介護高齢者を介護する家族に対し、適切な介護知識・技術を習得することを内容とした教室を開催します。
徘徊感知サービス事業 徘徊性のある在宅の高齢者及びその介護者 通信ネットワークを利用した徘徊探知装置により、位置情報をご家族に提供します。
在宅寝たきり老人等おむつ給付 所得税非課税世帯で要介護1以上の在宅高齢者の同居介護者 要介護1以上の在宅で寝たきりの高齢者を介護する同居家族に月1回紙おむつを宅配支給します。(8種類のおむつの中から1つ選択)
成年後見制度利用支援事業 低所得の高齢者等 市町村申立てによる成年後見制度の申立てに対し、その経費や成年後見人等の報酬を助成します。
住宅改修理由書作成 要介護高齢者 ケアマネージャーがいない方に住宅改修の理由書を作成します。
介護相談員派遣 介護施設利用者 市内介護保険施設に介護相談員を派遣し利用者からの相談をお受けします。
認知症サポーター
100万人キャラバン
一般 認知症サポーター養成講座の講師役(キャラバン・メイト)を養成します。養成されたキャラバン・メイトは自治体事務局等と協働して「認知症サポーター養成講座」を開催します。受講された方にはオレンジリングを配布します。
一般高齢者一人暮らし高齢者等給食サービス事業 一人暮らし高齢者、及び高齢者世帯で食事の支度ができない方 一人暮らし等高齢者宅への昼食の配達と安否確認及び良好な食に関する情報提供を行います。