11月は「児童虐待防止推進月間」です

平成16年度から児童虐待防止等に関する法律が施行された11月を「児童虐待防止推進月間」とし、児童虐待防止のための広報・啓発活動などを実施しています。 家庭や家族、地域など社会全般で児童虐待問題に対する深い関心と理解が得られるよう、多くの団体の積極的な参加を求め、児童虐待防止対策への取り組みを推進します。

児童虐待は・・・

将来にわたって子どもの心身に深い傷を与えます。

児童虐待を防止するためには、早期発見・早期対応が何より重要です。

虐待を受けたと思われる子どもを見つけたときは・・・

市では、「子育てを応援しよう」「児童虐待を防ごう」と呼びかけを行っています。

皆さんも、子どもを怒鳴ったり、叩いてしまう理由は何か、手助けを必要としている親に何かできないか考えてみてください。

そして心配なことがあれば相談機関に連絡してください。


子育て支援課(☎055-983-2712)や

静岡県東部児童相談所(☎055-920-2085または児童相談所全国共通ダイヤル189) に連絡してください。


虐待通告義務は、守秘義務に優先します。また、連絡した人の秘密は守られます。

あなたの行動が、子どもを虐待から守ることにつながります。

オレンジリボン・キャンペーン

オレンジリボンマーク_[更新済み]

児童虐待防止推進月間に合わせて、オレンジリボン・キャンペーンが全国的に展開されており、三島市でも、啓発活動を行っています。

「オレンジリボン」には、子どもの虐待を防止し、虐待を受けた子どもが幸福になれるように、という気持ちが込められています。

子どもを虐待から守るための5か条

  1. 「おかしい」と感じたら迷わず連絡(通告)(通告は義務=権利)
  2. 「しつけのつもり…」は言い訳(子どもの立場で判断)
  3. ひとりで抱え込まない(あなたにできることから即実行)
  4. 親の立場より子どもの立場(子どもの命が最優先)
  5. 虐待はあなたの周りでも起こりうる(特別なことではない)
seiza_03