野鳥との接し方について

死んでいる野鳥に素手で触らないでください。

オオルリ
 もし、素手で触ってしまった場合は必ず手を洗ってください。
 野生の鳥は、体内や羽毛などに細菌や寄生虫などの病原体があることがあります。
 同じ場所でたくさんの野鳥が死んでいる場合は、三島市役所農政課までご連絡ください。

排泄物に触れないでください。

 日常生活において野鳥などの排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。

野鳥に近づきすぎないようにしてください。

 野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。
 特に、靴で糞を踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。

野鳥をつかまえようとしないでください。

カワセミ
 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。
 特に野鳥を許可なく捕獲することは、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」により禁止されています。

鳥インフルエンザウイルスについて

 鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察など通常の 接し方では、ヒトに感染しないと考えられています。
 正しい情報に基づいた、冷静な行動をお願いいたします。