第3次国土利用計画(三島市計画)

国土利用計画は総合計画に示される将来像を、土地利用の観点から具体化するための調整機能を果たすもので、土地利用に関する都市計画法などの個別規制法に基づく諸計画の上位計画として、行政上の指針となるものです。

国土利用計画とは

国土利用計画は、土地基本法における土地についての公共の福祉優先等の基本理念を踏まえ、国土利用計画法に基づいて作られる計画で、国土の利用について他の計画(都市計画マスタープラン、農業振興地域整備計画、森林計画など)の基本となるものです。
国土利用計画には、全国計画、都道府県計画、市町村計画があります。 第3次国土利用計画(三島市計画)は、都道府県計画(静岡県計画)を基本に、第4次三島市総合計画の基本構想に即して作成し、平成23年3月18日、市議会の議決を経て定めらました。 なお、国土利用計画は土地利用に関する行政上の指針となりますが、開発行為等を直接規制するのもではなく、農用地、森林、宅地等の個々の土地利用は個別の法律によって規制されることになります。

国土利用計画の法体系

法体系図

土地利用の基本方針

限られた資源である土地は、地域の発展や生活と深いかかわりを持ち、市民生活、産業活動などの共通の基盤です。 このため、土地の利用については、自然的、社会的、経済的及び文化的条件、歴史等に配慮し、公共の福祉を優先しながら、長期的展望のもとに計画的かつ総合的に進めていく必要があります。 今後、企業誘致のための産業用地の確保、さらに、環境保全のための自然地の保全などを十分検討するものとし、地域の特性を踏まえつつ、土地の有効利用を促進することを基本に、環境先進都市として秩序ある土地利用を推進していきます。

策定する計画

(1)名称 第3次国土利用計画(三島市計画)
(2)計画の目標年次 平成32年
 (基準年次 平成19年、中間年次 平成27年)
計画本文は、次の目次からご覧ください

はじめに

第1 市域の土地の利用に関する基本構想

第2 市域の土地の利用目的に応じた区分 ごとの規模の目標及びその地域別の概要

第3 「第2」に掲げる事項を達成するために必要な措置の概要

参考図(現況図)(土地利用構想図)

計画全編