熱中症に気をつけましょう

気温が上昇するこれからの時期に備え、熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう。

熱中症とは?

 高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく、屋内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

こんな症状があったら熱中症を疑いましょう

軽度…めまい、立ちくらみ、筋肉痛、大量の発汗
中度…頭痛、吐き気、倦怠感、虚脱感
重度…意識がない、けいれん、高体温、呼びかけに対しての返事がおかしい、まっすぐに歩けない

熱中症の予防と注意点

熱中症の予防には、「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です!
こまめに水分・塩分を補給し、扇風機やエアコンで温度を調整し、外出する時には日傘や帽子を着用するなどして、各自の体力に合わせて適度に休憩をとりましょう。

【注意】
1 暑さの感じ方は人によって異なります!
暑さに対する抵抗力は個人によって異なります。自分の体調の変化に気をつけ、万全の予防を心がけましょう。

2 高齢者や子どもは特に注意が必要です!
高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対する体の調整機能も低下しています。また、子どもは体温調節機能が十分発達していないため、高齢者と同じく熱中症のリスクが高くなります。
周りに高齢者や子どもがいる人は、部屋の温度をこまめ測る、のどが渇かなくても水分補給を促すなど、気を配るよう心がけましょう。

3 節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください!
節電を意識しすぎるあまり、健康を害することのないようご注意ください。
気温が高い日や湿度の高い日には、決して無理な節電はせず適度に扇風機やエアコンを使用するようにしましょう。

熱中症になった時の処置は?

1 涼しい場所へ避難させる
2 衣服をゆるめ、体を冷やす
3 水分・塩分を補給する

*自力で水を飲めない、意識がない場合は直ちに救急隊を要請しましょう!!