不活化ポリオワクチン予防接種

平成24年9月1日からポリオの予防接種は、これまでの生ワクチン(口から飲む)から不活化ワクチン(皮下に注射)へと切り替わりました。お子さんのポリオワクチンの接種歴を良くご確認した上で接種をお願いします。
 ポリオは「小児マヒ」とも呼ばれ、人から人へと便中に排泄されたウイルスが口から入ることで、のどまたは腸に感染します。
 予防接種の効果で国内での自然感染は報告されていませんが、現在でもインド、アフリカなどで流行地域があり、日本にもポリオウイルスが入ってくる可能性があります。

接種対象者

原則は平成24年7月31日生まれまでの方

接種期間

生後3か月から7歳6か月(90月)の誕生日の前日まで

接種回数と接種間隔

接種回数
これまでのポリオワクチンの接種歴によって以下のように接種回数が変わります。

・生ポリオワクチンの接種をまだ1回も受けていない
不活化ポリオワクチンを合計4回(初回3回と追加1回)を受けてください。

・生ポリオワクチンの接種をすでに1回受けている
不活化ポリオワクチンを合計3回(初回2回と追加1回)を受けてください。

・生ポリオワクチンの接種をすでに2回受けている
不活化ポリオワクチンの接種は必要ありません。

・不活化ポリオワクチンを1~3回受けている
合計4回となるように、不足している回数の分だけ不活化ポリオワクチンを受けてください。
※9月1日の導入時点では追加接種(4回目)は定期接種対象外でしたが、平成24年10月23日からは対象となっています。

標準的な接種間隔
初回2回目:1回目接種後から20日以上あけて56日以内に接種
初回3回目:2回目接種後から20日以上あけて56日以内に接種
追加:3回目接種後から1年から1年半の間に接種

接種会場

三島市内の委託医療機関
または、県内の相互乗入れ実施医療機関(申請手続きが必要です。)

持ち物

  • 予診票
  • 母子健康手帳

ワクチンの種類

不活化ワクチン
(他の予防接種とは6日以上あけてください。)