行政評価表の内容について(平成27年度まで)

三島市の行政評価表の項目は以下に記載された内容に基づいて作成されています。

行政評価表の構成

    1 「総括表」………総合計画における施策情報(所属で所管する部分のみ)
    2 「個表」………施策の方向ごとの業務計画書(各所属が所管する業務内容の計画書)
    3 「予算費目表」………各事業に係る予算費目の内容
    4 「スケジュール表」………各事業の年度計画

     「個表」及び「予算費目表」は施策の方向の数だけ作成するため、「総括表」⇒「個表1」⇒「予算費目表1」⇒「個表2」⇒「予算費目表2」⇒………⇒「個表X」⇒「予算費目表X」⇒「スケジュール表」という並び順になります。

     なお、行政評価表は、計画時と評価時の二回に分けて作成します。
     ○ 計画時 年度当初に作成する年間の業務計画(単年度の実施計画書)
       ………黄色く塗られた箇所以外を入力
     ○ 評価時 業務計画に対する実施状況等を評価(単年度の実績報告書)
       ………黄色く塗られた箇所を入力

1 総括表

総括表

(1) 総合計画の位置付け………総合計画のどの分野に仕事が該当するか示したもの

(2) 所管する施策の方向一覧………当該施策内で所管する事業の施策の方向を示したもの

(3) 予算額・決算額………前々年度・前年度・計画年度におけるこの施策内で、所管する事業に係るコストの合計額(ただし、人件費、一般諸経費、交際費、積立金、繰出金、出資金及び公債費は除く。)

(4) 成果指標………所管する事業の推進によって得られた、施策全体の具体的な成果

2 個表

個表

(1) 前年度評価に対する今年度の実施(改善)計画………前年度の評価(改善予定)を元にした、計画年度の実施(改善)計画

(2) 事業計画に対する成果に基づく評価………施策目的の達成状況(成果指標の分析)、手段の妥当性、市民と共有する課題(その他外部的課題)など

(3) 今後の事業のあり方(改善措置)………成果に基づく評価や決算額を踏まえての、施策目的達成に向けて実施する具体的な改善の方向性

(4) 事業名………施策として決定された具体的な方策や対策を実現するための個々の手段としての事務及び事業であり、行政活動の基礎的な単位。施策の方向内での重要度順に若い番号から付番

(5) 手段・業務内容………事業を達成するための業務、活動。業務内容の達成度を測るものさしである活動指標により、実績値と目標値を記載

(6) 計画通り実施出来たか………当該年度目標と実績を比較し、計画通り達成できたかどうかを評価
 ア 「達 成」 目標通りに業務を遂行できた。
 イ 「未達成」 業務を実施したが目標に及ばなかった。
 ウ 「未実施」 業務そのものを実施していない。

(7) 今後の取組み方針………次年度の当該業務の取組み方針
 ア 「維 持」 当該年度の実施形態から変更を行わずに業務を引き続き実施する。
 イ 「拡 大」 業務規模を拡大する。
 ウ 「縮 小」 業務規模を縮小する。
 エ 「改 善」 当該年度の実施形態から変更する(再構築、統合、移管等)。
 オ 「終 了」 業務を終了させる。
 カ 「休 止」 業務を一時的に休止させる。

3 予算費目表

予算費目表

(1) 予算費目の事業名、補助金(細節)名………個表の事業名に対応する予算費目(ただし、人件費、一般諸経費、交際費、積立金、繰出金、出資金及び公債費は除く。)。頭の番号は「個表」の事業名に付番されているものに対応

(2) コスト削減余地………現状の成果を落とさずにコストを削減する方法があるかどうか
 ア 「あり」 効率的であり、削減余地が無い。
 イ 「なし」 まだコスト削減余地がある。

(3) 今後のコスト方向性………当該年度と比較した次年度の予算額の方向性
 ア 「維持」 当該年度と同額
 イ 「増大」 当該年度より増額
 ウ 「削減」 当該年度より減額

(4) 決算額増減の理由・改善状況等………前年度と当該年度で比較した決算額の増減の理由や、当該年度での改革実施により改善した内容、効率的に事業を実施するために配慮している点など、特筆すべき事柄

4 スケジュール表

スケジュール表

(1) 事業名………個表に記載されている事業について、事業予定を月ごとに記載したもの

(2) 従事見込時間数………正職員及びその他職員ごとの、当該業務にかかる年間執務予定時間(単位は「時間〈H〉」)