小児用肺炎球菌予防接種

肺炎球菌がおこす病気には、細菌性髄膜炎・菌血症・肺炎等があります。肺炎球菌はきょう膜という分厚い殻で覆われているため、人間の免疫機能が攻撃できないために重症化してしまうと言われています。また、抗菌薬の効かない耐性菌が増えているため、治療が難しいとも言われています。

接種期間

生後2か月から5歳の誕生日前日まで

接種回数と接種間隔

※接種開始時期によって違います。
※下記の接種間隔から外れた場合は、接種回数が変わることもあります。詳しくは、個人通知する予防接種説明書をご覧ください。

<生後2か月から7か月未満の場合>(標準的な接種時期)
合計4回 (1~3回目は1歳未満に接種し、4回目は1歳になってから接種する)

2回目:1回目から27日以上の間隔をあける
3回目:2回目から27日以上の間隔をあける
4回目:3回目から60日以上の間隔をあける

<生後7か月から12か月未満の場合>
合計3回 (1~2回目は1歳未満に接種し、3回目は1歳になってから接種する)

2回目:1回目から27日以上の間隔をあける
3回目:2回目から60日以上の間隔をあける

<1歳から2歳未満の場合>
合計2回
2回目:1回目から60日以上の間隔をあける

<2歳から5歳未満の場合>
合計1回

接種会場

三島市内の委託医療機関
または、県内の相互乗り入れ実施医療機関(申請手続きが必要です。)

持ち物

  • 予診票
  • 母子健康手帳

対象者への周知

対象となった方には郵送にて個人通知します。

ワクチンの種類

不活化ワクチン
(他の予防接種とは6日以上あけてください。)

その他

 小児用肺炎球菌予防接種は平成25年度から定期接種となりました。5歳になる前日までであれば、任意接種のときにお渡しした予診票はそのまま使用することができます。