自立支援医療(育成医療)の給付について

身体に障がいのある児童に対し、生活能力を得るための必要な医療給付を行うものです。  
 医療費の自己負担割合が1割となり、病状や世帯員等の税額等に応じて月額負担上限額が定められます。
 施術等の前に申請する必要があり、施術等は指定された医療機関にて行います。

育成医療の対象となる医療の例

  • 視覚障害によるもの
  • 聴覚・平衡機能の障害によるもの
  • 音声機能・言語機能・そしゃく機能の障害によるもの
  • 肢体不自由によるもの
  • 心臓・腎臓・呼吸器・膀胱・肝臓・小腸機能障害によるもの
  • 先天性の内臓の機能障害によるもの(前項に掲げるものを除く)
  • ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障害によるもの

対象者

18歳未満の障がい児

助成方法

 対象者には受給者証を交付します。医療機関で、受給者証と健康保険証を提示してください。
 入院時食事療養費や差額ベッド代等は、本制度の助成の対象とはなりません。

受給者証申請手続き

必要書類
  1. 申請書
  2. 健康保険証の写し(国民健康保険の方は加入者全員分)
  3. 自立支援医療(育成医療)医師意見書(障がい福祉課に用紙があります。)
  4. 認印

*上記を障がい福祉課に提出してください。市で審査・決定した後、結果が交付されます。
 (受給者証が交付されます。)

負担費用

 原則1割の自己負担がありますが、負担が重くならないように所得区分に応じて月額負担上限額を設定しています。