三ツ谷工業団地建設事業 【土地区画整理事業】

三ツ谷工業団地建設計画は、地元三ツ谷地区・三島市・開発事業者のエム・ケー株式会社の三者が一体となって進めている事業です。
 現在、三島市では三ツ谷工業団地への企業誘致を進めており、進出を希望する企業を全国から募集中です。 また、本事業は静岡県が推進する「内陸のフロンティアを拓く取組」において推進区域に指定されているため、立地にあたり特別な優遇制度をご用意しています。

お知らせ

 ・三ツ谷工業団地造成工事の様子
H29.4ドローン2
ドローンによる撮影(平成29年4月28日)
法面工
法面工事の様子(平成29年5月31日)

→過去の造成工事の様子はこちら

 ・平成28年10月3日:三ツ谷工業団地造成工事にかかる安全祈願祭が開催されました。
 土地区画整理組合役員、工事関係者など約40名が参加して、2年間にわたる造成工事の安全を祈願しました。  
安全祈願祭画像
安全祈願祭の様子
造成工事画像
計画地内で始まった造成工事の様子

 ・平成28年9月20日:三ツ谷工業団地造成工事にかかる工事説明会が開催されました。
 施工業者より、工事概要、スケジュール、工事期間中の通行ルート、防災対策等が説明され、活発な質疑応答が行われました。
工事説明会全体画像
工事説明会の様子
工事説明会事業者説明画像
施工事業者からの説明

 ・三ツ谷工業団地造成工事にかかる工事説明会が開催されます。
  日時:平成28年9月20日(火)午後7時~
  場所:三ツ谷公民館
  問合せ:施工事業者 エム・ケー株式会社 042-589-0223
      三島市都市整備課 055-983-2763

 ・平成28年8月2日:三ツ谷工業団地土地区画整理組合設立総会が開催されました。
 総会では理事長ほか役員が選出され、エム・ケー株式会社(東京都日野市)が業務代行者として議決されました。10月の造成開始に向けて本格的に事業が動き出します。
土地区画整理組合設立総会
土地区画整理組合設立総会の様子
土地区画整理組合関係者記念撮影
組合関係者記念撮影

 ・平成28年7月5日:三ツ谷工業団地土地区画整理事業が認可されました。
 ・平成28年3月25日:三ツ谷工業団地計画区域が市街化区域に編入されました。

三ツ谷地区の紹介

 国道1号に面しており、26年2月に全線開通した東駿河湾環状道路の三島塚原ICまで車で4分と交通至便です。また、世界文化遺産に登録された富士山を間近に望み、駿河湾を一望できる風光明媚な場所でもあります。
三ツ谷から富士山望む
三ツ谷地区から望む富士山
三ツ谷から駿河湾望む
三ツ谷地区から望む駿河湾

三ツ谷地区の位置

 三島市東部の丘陵地に位置しており、国道1号により東は箱根・小田原方面、西は富士・静岡方面と1本でつながっています。
 また、東駿河湾環状道路の三島塚原ICから直結の東名高速道路沼津IC(車で約11分)と新東名高速道路長泉沼津IC(車で約10分)により、東京・名古屋方面へのアクセスも良好です。さらに、東駿河湾環状道路の全線開通により、伊豆方面へのアクセスも飛躍的に向上した物流面でも非常に恵まれた場所に位置しています。
三ツ谷工業団地市内地図 三ツ谷工業団地鳥瞰図
三ツ谷工業団地広域地図(県東部) 三ツ谷工業団地広域地図(距離)

計画地の概要

 
所在地静岡県三島市三ツ谷新田・谷田(台崎)地先
計画地面積 約21.1ha(約63,722坪)
分譲面積約11.4ha(約34,606坪)
造成完成予定平成30年9月頃
都市計画区域区分:市街化区域(平成28年3月25日編入) 用途地域:工業地域 (地区計画あり
開発手法土地区画整理事業(平成28年7月5日事業認可)
道路幅員国道1号:15m(計画地北側)  県道142号:9m(計画地東側)  計画地内:13m・10.5m・8m・6m
販売区画全6区画 (各区割は下図参照)

三ツ谷工業団地土地利用構想図

三ツ谷工業団地リーフレット(pdf 600KB)
三ツ谷工業団地開発スケジュール(29年1月現在) (pdf 208KB)

三ツ谷工業団地に立地するメリット

1 首都圏からのアクセスのよさ
2 豊富な労働力
3 最低賃金
4 企業の立地イメージ
5 オーダーメイド
6 行政からの手厚い助成制度
7 日照時間
三ツ谷工業団地に立地するメリット(pdf506KB)