子宮頸がん予防接種の積極的勧奨を中止しています

平成25年4月から定期接種となった子宮頸がんの予防接種ですが、現在、積極的勧奨(個人通知などで積極的に接種を勧めること)はしていません。
 しかし、定期接種を中止するものではありませんので、ご希望の方はこれまで通り接種することができます。副反応による健康被害の救済制度も引き続き適用されます。
 接種にあたっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。

積極的勧奨が中止になった経緯

 平成25年6月14日に開催された予防接種のワクチンに関する検討を行う会議(平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会)において、子宮頸がん予防接種の副反応について検討されました。
 その結果、子宮頸がん予防ワクチンとの因果関係を否定できない反応がワクチン接種後に起きていることから、報告内容をより詳しく調査し、適切な情報提供ができるまでの間は、積極的に接種をお勧めしないこととなりました。

子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な勧奨の差し控え」についてのQ&A(厚生労働省ホームページ)

 今後、新しい情報が入り次第、適宜お知らせします。

リーフレット

 ワクチンの有効性、リスクについてはリーフレットをご覧ください。
 子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(リーフレット)

接種をご希望の方へ

 上記をご理解のうえ接種を希望される場合は、お子さんの母子健康手帳を持参し、保健センター窓口までお越しください。
 接種を受けるための予診票を発行します。
 なお、定期接種の対象者は小学6年生~高校1年生相当の女子です。標準的な接種の時期は中学1年生です。

子宮頸がん予防接種についての相談窓口

子宮頸がん予防接種についての相談窓口
HPVワクチン相談窓口(厚生労働省ホームページ)

静岡県では、子宮頸がんワクチンの接種後の症状についての総合相談窓口を設置しました。
静岡県子宮頸がんワクチン相談窓口