通信販売は利用前に確認を!

パソコンやスマートフォンの普及に伴い、インターネット等による通信販売に関する相談が増えています。

通信販売でのトラブルとは

 通信販売で注文した商品について、イメージと違う、不良品なのに交換または返品に応じてくれない、届かない、業者と連絡が取れない、コピー商品だった等、トラブルの内容はさまざまです。
 また、お試しのつもりで注文したのに、定期購入になっていたケースもあります。
 特にインターネット通販は、画面が日本語表記でも、海外業者が運営している場合もあり、トラブルの解決が困難な場合があります。

トラブルにあわないために

新聞・雑誌・チラシ・TV・インターネット等をの広告やカタログを見るだけ、ラジオを聞くだけの「通信販売」は購入前に実物を見たり手にとったりできないため、面倒でも契約の詳細な内容や返品のルールについてよく確認してから申し込むようにしましょう。

<確認するポイント>
  • 振込先(個人名義でないか)
  • 引き渡し時期と支払方法
  • 返品条件
  • 業者の住所
  • 業者の電話番号
  • サイト内の日本語が不自然ではないか(海外業者の可能性があります)
  • 極端に値引きされていないか(コピー商品の可能性があります)

これらの基本的な表示があるかなどを確認してください。
通信販売はクーリング・オフ制度がありません。
よく考えてから利用しましょう。

インターネットオークションについて

通信販売だけでなく、インターネットオークションについても同様の注意が必要です。
申し込む前に納得ができるまで確認をしましょう。

相談先

1 通信販売の相談
 (公社)日本通信販売協会「通販110番」
    03-5651-1122
  月~金曜日(祝日を除く)   10時~12時、13時~16時

2 インターネット取引の相談
 (一社)ECネットワーク
    メールでの受付のみ こちらから

困ったとき・心配なときは

三島市市民生活相談センターへご連絡ください。
電話 055-983-2621

土・日・祝日は消費者ホットラインへ
電話 局番なし 188