平成25年度事業仕分け対象事業の抽出について

1 抽出基準の設定に対する考え方

事業の絞り込みにあたっては、恣意や主観が入り込まないよう選定過程の公正性を確保するため、客観的な基準を設定しました。

2 対象事業候補抽出の基準

昨年度以前に実施した事業仕分け対象事業を除く全ての事業のうち、下記の基準に該当するもの

(1) 総合計画上の主要事業に係る事業

(2) 平成25年度事業費(補正・流用・予備費込)が500万円を超える事業のうち、予算費目のない事業及び一般諸経費のみから支出している事業を除いたもので、次年度以降も継続して実施する予定の事業

(3) 平成24年度事業費(決算額)が500万円を超える事業

(4) 平成24年度事業費(決算額)における財源のうち、一般財源の割合が50%を超える事業

(5) 平成25年度を含め、事業開始年度から5年度以上にわたり実施している事業

(6) 事業の実施にあたり、事業範囲・経費等について、市の裁量余地がある事業(法令等に基づく義務的事業等を除く。)

3 対象事業候補の抽出結果(46事業)


 (事業数)
総合計画上の主要事業に係る事業 546
昨年度以前に実施した事業仕分け対象事業を除く事業 509
平成25年度事業費(補正・流用・予備費込)が500万円を超える事業のうち、予算費目のない事業及び一般諸経費のみから支出している事業を除いたもので、次年度以降も継続して実施する予定の事業 151
平成24年度事業費(決算額)が500万円を超える事業 134
平成24年度事業費(決算額)における財源のうち、一般財源の割合が50%を超える事業 66
平成25年度を含め、事業開始年度から5年度以上にわたり実施している事業 58
事業の実施にあたり、事業範囲・経費等について、市の裁量余地がある事業(法令等に基づく義務的事業等を除く。) 46