ノロウイルスに注意しましょう

感染性胃腸炎の発生報告数は、例年、12月中旬頃がピークになる傾向となっています。
 特に、感染性胃腸炎の集団発生の多くはノロウィルスによるものであると推測されています。今後ノロウイルスによる感染性胃腸炎が増加してくると見込まれていますので、予防策をしっかり身につけましょう。

ノロウイルスについて

 ノロウイルスは、人間の腸で増殖するため、少量のウイルスの感染でも発症します。
 主な症状は、嘔吐、下痢、腹痛などで、健康な人は軽症で回復しますが、子どもや高齢者などでは脱水状態になったり、高齢者では嘔吐物がのどにつまり、死亡することがありますので、注意が必要です。
 また、感染力が強いため、感染者の嘔吐物や排泄物から二次感染することがあります。
 現在、ノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤やワクチンはありません。治療は対症療法(水分と栄養の補給を行うなど)に限られます。

予防策

(1)食事の前やトイレの後、外出から戻ったときなど、こまめに手洗いうがいをしましょう。
(2)下痢や嘔吐などの症状がある人は、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。
(3)嘔吐物、下痢便には大量のウイルスが含まれています。処理の際に感染する可能性があるので、直接触れないようにします。手袋をしていたとしても、処理の後には必ず手を洗いましょう。
(4)特に子どもやお年寄りなどの抵抗力の弱い人は、加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱して食べましょう。

リーフレット(厚生労働省)