生け垣(ネズミモチ)

山地に自生する常緑小高木。名前の由来は、実がネズミのフンに、葉がモチノキに似ることから。5~6月に枝先に円錐花序をだし、小さな白色の漏斗形の花を多数つける。花冠は4裂する。葉は対生し、葉身は4~8㎝の楕円形。庭木や生垣で植栽される。よく似るトウネズミモチは花期が一ヶ月遅く、花序、樹高がひとまわり大きい。

ネズミモチ(遠景)
遠景
ネズミモチ(近景)
近景