社会資本総合整備計画(道路・街路)

社会資本総合整備計画の概要

社会資本総合整備計画とは、地方公共団体が、『活力創出』『水の安全・安心』『市街地整備』『地域住宅支援』『地域の防災・減災』といった政策目的を実現するため、基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備等を総合的・一体的に計画するものです。

社会資本総合整備計画[社会資本整備総合交付金]

計画名称 NO.56_三島市中心市街地へ安心安全にアクセスできる道路整備
計画期間 平成26年度~平成30年度
計画目標 新幹線駅を有する三島市の首都圏との良好な交通環境を活かし、駅周辺道路や中心市街地への安心安全にアクセスできる道路を、緊急輸送路との連携道路としても機能させ、地域の道路網の利便性と災害時の安全性を確保する。
 社会資本総合整備計画No.56(社会資本整備総合交付金)平成29年3月17日
 事前評価書_整備計画No.56

社会資本総合整備計画[防災安全交付金]

計画名称 No.76_安全で快適な道路整備の推進
計画期間 平成26年度~平成30年度
計画目標 駅及び学校周辺の道路を整備することにより、交通事故のない安全で快適な歩行者空間を確保するとともに、既存橋梁を修繕することにより、地震・風水害に対する安全対策を実施する。
 社会資本総合整備計画No.76(防災安全交付金)平成29年3月17日
 事前評価書_計画No.76

社会資本総合整備計画[社会資本整備総合交付金] ※県・市合同

計画名称 No.86_IC・駅へのアクセス向上による都市機能の強化
計画期間 平成27年度~平成31年度
計画目標 高規格道路等へ接続するICアクセス道路の整備、駅広整備に合わせた駅アクセス道路の整備により、都市内交通の円滑化を確保し、都市機能の強化を図る。
 社会資本総合整備計画No.86(社会資本整備総合交付金)平成29年3月17日
 事前評価書_整備計画No.86

社会資本総合整備計画[防災安全交付金] ※県・市町合同

計画名称 No.41_通学路の緊急合同点検結果等に基づく交通安全施設整備
計画期間 平成25年度~平成29年度
計画目標 平成24年度に実施した通学路における緊急合同点検にて位置付けられた要対策箇所及び平成25年度以降に通学路対策推進会議にて位置付けられた対策必要箇所において、交通安全施設整備を推進することにより、交通事故のない安全で安心した豊かな生活を送れる社会の実現を目指す。
 社会資本総合整備計画No.41(防災安全交付金)平成29年3月17日
 事前評価書_整備計画No.41


計画名称 No.52_ふじのくに静岡県の道路構造物(橋梁・トンネル)の適確な維持管理の推進
計画期間 平成26年度~平成30年度
計画目標 平静岡県及び県内市町が管理する道路構造物(橋梁・トンネル)の計画に基づく補修事業及び各種点検・計画策定を行うことで、適確な維持管理を推進する。
 社会資本総合整備計画No.52(防災安全交付金)平成29年3月17日
 事前評価書_整備計画No.52