日本学術会議が市民公開シンポジウムを開催します!

自然科学や生命科学等、あらゆる分野の科学者で構成されている日本学術会議第二部農学委員会・食料科学委員会が、一般市民向けに公開シンポジウムを開催します。
最先端の研究や成果について、わかりやすいお話を聞いてみませんか?

日時

平成26年8月10日(日)午後1時~午後4時30分

場所

日本大学国際関係学部 三島駅北口校舎 山田顕義ホール
(文教町1-9-18)
三島駅北口徒歩1分

講師・内容

13:00~13:25
開会
13:25~14:05
「科学の進歩と国民生活:日本学術会議の活動とは」
「世界の食料事情と日本農業のゆくえ:安定と安心のために」
 講師 生源寺 眞一さん(名古屋大学教授)
14:10~14:25
「環境と食料を支える土の微生物」
 講師 妹尾 啓史さん(東京大学大学院農学生命科学研究科教授・生物生産工学研究センター長)
14:30~14:55
「森を育て、健康な住まいを創る」
 講師 川井 秀一さん(京都大学大学院総合生存学館(思修館)学館長)
14:15~15:10 休憩
15:10~15:35
「水圏環境の生きもの資源ー駿河湾の深海魚と魚市場」
 講師 渡部 終五さん(北里大学海洋生命科学部教授)
15:35~16:00
「持続的な畜産の課題:飼料、環境、感染症」
 講師 吉川 泰弘さん(千葉科学大学教授)
16:05~16:30
「農業と遺伝学のとても深い関係」
 講師 小原 雄治さん(国立遺伝学研究所名誉教授・特任教授)

申込み

8月4日(月)までに政策企画課へ電話、FAX、メールのいずれかの方法で、 お名前、参加人数をお伝えください。
電話  055-983-2616
FAX 055-976-3155
メール seisaku@city.mishima.shizuoka.jp

定員

400名(先着順) ※入場無料

主催

日本学術会議第二部 農学委員会・食料科学委員会

共催

三島市、情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所

後援

財団法人 遺伝学普及会、日本育種学会、日本大学国際関係学部

日本学術会議市民公開シンポジウム「チラシ」

詳細は、チラシをご参照ください。

日本学術会議市民公開シンポジウム