3種混合予防接種について

 平成24年11月に定期の予防接種が3種混合(百日せき・ジフテリア・破傷風)から4種混合(百日せき・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ)に切り替わり、平成26年12月には3種混合ワクチンは販売終了となりました。
 そのため、3種混合ワクチンは接種できません。
 定期接種の対象者であり、まだ3種混合ワクチンの接種が完了していない場合は、4種混合に切り替えますので保健センターへお越しください。 手続きの方法等は以下をご覧ください。

定期接種の接種回数

接種回数
初回3回と追加1回の計4回
 母子健康手帳でお子さんの接種歴をご確認ください。
 接種回数が満たない場合は、7歳6か月になる前日まで定期接種を受けることができます。


4種混合への切り替え例

 原則は最初に使用したワクチンを使用しますが、3種混合の販売が終了したため、代わりに4種混合を使用します。なお、平成28年2月に不活化ポリオ4回目以降の有効性と安全性が確認されたため、すべて4種混合に切り替えます。

 ●不活化ポリオと3種混合の接種をこれから始める場合→4回すべて4種混合へ切り替える

 ●不活化ポリオ2回、3種混合2回接種済み→3回目以降を4種混合に切り替える

 ●不活化ポリオ3回、3種混合3回接種済み→4回目(追加接種)を4種混合に切り替える

 ●不活化ポリオ4回、3種混合3回接種済み→4回目(追加接種)を4種混合に切り替える 

 ●生ポリオ2回、3種混合3回接種済み→4回目(3種混合の追加接種)を4種混合に切り替える

 ●生ポリオ1回、3種混合3回接種済み→不活化ポリオ2回接種後、4回目を3種混合の4回目と合わせ、4種混合に切り替える 
   ※通常は経口生ポリオワクチン2回で接種完了ですが、切り替えることができます。    

4種混合への切り替え手続き

 4種混合への切り替えをご希望の場合は、健康づくり課(保健センター)の窓口で手続きが必要です。

 ●持ち物
 (1)母子健康手帳
 (2)不活化ポリオと3種混合それぞれの予診票
 (3)朱肉を使うタイプの印鑑(市外医療機関で接種する場合のみ)
 ●アクセス
  三島市立保健センター