三島玉沢インターチェンジ周辺医療・健康関連産業等集積事業

“ふじのくに”防災減災・地域成長モデル総合特区(「内陸のフロンティア」を拓く総合特区)に位置付けられている「三島玉沢インターチェンジ周辺医療・健康関連産業集積事業」の事業内容、計画区域、今後のスケジュール等を紹介します。

【事業内容・計画区域】

[事業内容]
 災害拠点病院の指定を受けた三島総合病院や介護老人保健施設、静岡県総合健康センター等が立地し、当市計画において「健康・福祉・医療施設等整備促進ゾーン」として位置づけられている三島玉沢インター周辺地域に、医療・医薬品関連企業や健康関連産業などの研究所・企業の集積を図ります。

[計画地区]
 玉沢地区(谷田・竹倉:三島総合病院西側隣接地)  
 約25万立方メートルの盛土 平坦地 約2.1 ha 斜面地 約2.0 ha
 地権者 三島市 他10人
内陸F 玉沢 平坦部 内陸F 玉沢 斜面部

【進捗状況・今後のスケジュール】

[現在の進捗状況]
○東駿河湾環状道路建設工事(国交省)に伴う残土処分場として造成工事完了。
○一部は行政財産の目的外使用を許可し、隣接する三島総合病院駐車場として暫定利用。

[現時点における全体工程]
○平成29年度:企業誘致、地区計画及び農地転用手続き(進出企業が決定した場合)
○平成30年度:企業立地に係る造成工事、インフラ整備(給排水、取付道路等)
○平成31年度:建設工事着手予定

 ※現時点における事業計画であり、事業の進捗によって、内容や時期に変更が生じる可能性があります。

【事業実現に係る課題】

○地権者調整
○進出企業の誘致
○農地転用、地目変更に関する協議
○進入路整備
○その他、給排水等のインフラ整備