『森の小さなダムづくり体験』参加者募集

雨水が集まりやすい山のくぼみに、間伐材で作った丸太で小さなダムを作ります。雨水による土砂の流出を防ぎ、ダムに貯まった雨水は地面にしみ込み地下水になります。森林の持つ地下水涵養の働きを高めることから、三島湧水群の復活に向けた取り組みの一環として推進しています。
「湧水のしくみ」や「森林のはたらき」を学びながら、「森の小さなダムづくり」に参加し、木のぬくもりにふれてみませんか。

日時  平成30年9月29日(土)
時間  午前9時から正午頃まで
ところ  箱根の里周辺の森林(集合場所は箱根の里駐車場)
対象  小学生以上(但し、小学3年生以下は保護者同伴)
定員  20名程度
参加費  無料
持ち物・服装等  長袖、長ズボン、底の厚い運動靴、タオル、飲み物
申込み・問合わせ  9月25日(火)までに水と緑の課へ

内容

間伐体験
 ノコギリを使って、ヒノキを倒します。 倒れる瞬間は、迫力満点です。
間伐



森の小さなダムづくり体験
 かけや(木製ハンマー)で、杭を打ちます。ストレス発散になります。

森の小さなダムづくり