保健委員は地域の健康づくりの担い手です

保健委員活動とは

1.目的

自分自身の健康や、家庭及び地域の健康づくりを推進し、「元気・安心・笑顔あふれる“健幸”都市みしま」を目指す。

2.保健委員の役割

  1. 地域の健康づくりのリーダーとして、「自分の健康は自分で守る」という自覚と健康の大切さを認識し、地域に根ざした健康づくり事業を行う。
  2. 住民の心身の健康に関する意見や要望を聞いて、行政と連絡をとり解決していく、パイプ役となる。
  3. 身近な地域の団体・人々と協働し、個人の健康づくりを支援すると共に、仲間づくり地域づくりを推進する。
  4. 自分自身の健康意識の高揚を図るために、健康相談・健康教育・講演会等あらゆる機会を利用して学習する。

主な活動

  • 町内別健康相談会・・・各町内の公民館等で、保健師や栄養士などによる健康相談を行います。
  • 健診受診率向上キャンペーン・・・健康診断の受診を促す街頭キャンペーンを行います。
  • サポーター活動・・・市内で行われるイベントにて、健康に関する知識の普及や健康測定を行います。