女性活躍推進法が成立しました

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が成立し、平成28年4月1日から施行されます。
301人以上の労働者を雇用する事業主は、行動計画の策定・届け出などが義務化されます。
なお、雇用労働者が300人以下の事業主の皆様については、努力義務となっています。

女性活躍推進法の基本原則

以下を基本原則として、女性の職業生活における活躍を推進し、豊かで活力ある社会の実現を図ります。
・女性に対する採用、昇進等の機会の積極的な提供及びその活用と性別による固定的役割分担等を反映した職場慣行が及ぼす影響への配慮が行われること
・職業生活と家庭生活との両立を図るために必要な環境の整備により、職業生活と家庭生活との円滑かつ継続的な両立を可能にすること
・女性の職業生活と家庭生活との両立に関し、本人の意思が尊重されるべきこと

301人以上の労働者を雇用する事業主の皆様へ(一般事業主行動計画の策定等)

女性活躍推進法が成立に伴い、301人以上の労働者を雇用する事業主の皆様は法律の施行日(平成28年4月1日)までに、下記について行動計画の策定・届出などが義務化されますので、準備をお願いします。
1.自社の女性の活躍状況を把握し、課題分析を行ってください。
2.行動計画を策定し、各都道府県労働局の雇用均等室へ提出(郵送可)してください。また、行動計画の社員への周知と外部への公表を行ってください。
3.自社の女性の活躍に関する情報を公表してください。

詳細は、下記のリンク先:厚生労働省女性活躍推進法特集ページをご覧ください。