戦没者等の遺族に対する「第十回特別弔慰金」について

戦没者等のご遺族の皆様へ -特別弔慰金を支給します-

【特別弔慰金の趣旨】

戦後70周年に当たり、我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表すため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(記名国債)を支給するものです。

【支給対象者】

戦没者の死亡当時のご遺族で、かつ、平成27年4月1日(基準日)において、戦没者の遺族の中に恩給法に規定する公務扶助料、戦傷病者戦没者遺族等援護法に規定する遺族年金などの年金給付を受ける権利を有する遺族(配偶者、父母など)がいない場合に、次の順番による先順位1名のご遺族の方が対象者となります。
また、法律施行の日から3年間請求しない場合、時効によって受給権が消滅しますので、ご注意ください。

1 弔慰金の受給権者
2 戦没者等の子
3 戦没者等の (1)父母、(2)孫、(3)祖父母、(4)兄弟姉妹
  (戦没者等と生計関係を有していた方のうち、平成27年4月1日において婚姻したとしても
   氏が変わっていない方、または、同日において、遺族以外の方と養子縁組していない方に限ります。)
4 上記3以外の (1)父母、(2)孫、(3)祖父母、(4)兄弟姉妹
5 上記1から4以外の遺族で戦没者等の死亡当時まで引き続き1年以上生計関係があった三親等以内の親族
  (三親等以内の遺族とは戦没者等のひ孫、甥姪、兄弟姉妹の妻等です。)

【支給内容】

額面25万円、5年償還の記名国債(償還期間 平成28年4月15日から)

【請求に必要な書類】

【一般的な場合】
1 特別弔慰金請求書
2 印鑑等届出書
3 現況申立書
4 請求同意書
  (請求者と同順位者の遺族がいる場合に必要となり、同順位者全員の自筆署名が必要です。)
※ 1~4の書類は、福祉総務課窓口に用意してあります。
5 請求者本人の戸籍抄本(平成27年4月1日以降のもの)

【請求者が転給遺族(弔慰金の受給権者以外の遺族のこと)で、請求者より先順位の遺族が従前の特別弔慰金の受給者の場合】
上記の【一般的な場合】で提出する書類に加えて、次の書類が必要になります。
1 戦没者等と請求者の続柄を証する戸籍
2 先順位者がいないことを証する戸籍
3 戦没者等の死亡時から平成27年3月31日の間の請求者の戸籍
  (生計関係のある父母、孫、祖父母、兄弟姉妹が請求するとき。)

【これまでに特別弔慰金を受給した遺族がいない場合】
上記の【一般的な場合】及び【請求者が転給遺族(弔慰金の受給権者以外の遺族のこと)で、請求者より先順位の遺族が従前の特別弔慰金の受給者の場合】で提出する書類に加えて、次の書類が必要になります。
1 戦没者等と弔慰金の受給権者との続柄を証する戸籍

※ この他にも請求者の状況に応じて、添付書類を追加していただくことがあります。
  また、第九回の時と請求者が異なる場合や新規の場合などは、事前に福祉総務課までご相談ください。

【申請の際に必要な持ちもの】

    1 請求者本人が申請する場合
      ア 次の①から③までのいずれかのもの1点 
    • ①本人の通知カード
    • ②本人の個人番号カード
    • ③本人の個人番号が記載された住民票の写し
    イ 次のもの 身分を確認するもの(運転免許証などの官公署から発行された顔写真が添付されているもの1点または公的医療保険の被保険者証、年金手帳など官公署が発行した顔写真のないもの2点) 2 代理の人が申請する場合
      ア 次の①から③までのいずれかのもの1点
    • ①本人の通知カード又はその写し
    • ②本人の個人番号カード又はその写し
    • ③本人の個人番号が記載された住民票の写し
    イ 次の①と②のもの
  • ①代理権を確認するもの(委任状または成年後見人などの法定代理人の資格を証明する戸籍書類)
  • ②代理の人の身分を確認するもの

【申請期間】

平成30年4月2日まで。
(請求期間を過ぎると、時効により権利が消滅し特別弔慰金を受けることができなくなりますので、請求漏れのないよう十分ご注意ください。)

【申請場所】

場所:三島市役所 福祉総務課
時間:8時30分から17時15分まで