保育園等に通園する婚姻歴のないひとり親家庭の経済的負担を軽減!

保育所等保育料の「寡婦(夫)控除のみなし適用」のご案内

三島市では、平成28年4月より、婚姻歴のないひとり親家庭を対象に、
保育所等の保育料について、税法上の寡婦(夫)控除が適用されるとみなして保育料を決定することとなりました。
※寡婦(夫)控除とは、所得税法や地方税法に基づく所得控除で、死別や離婚によるひとり親家庭に適用される制度であり、
婚姻歴のないひとり親家庭には適用されていない控除となります。



【対象者】
保育所、幼稚園、認定こども園等(子ども・子育て支援新制度の給付対象となる施設)を利用し、
市民税の現況日(所得を計算する年の12月31日)現在及び申請日現在において、
次の(1)~(3)のすべてを満たす方が対象となります。

(1)婚姻歴がなく、また現在婚姻状態(事実婚含む)にない母または父であり、生計を一にする子がいる方
(2)(1)の子は、総所得金額等が38万円以下で、他の人の扶養親族となっていない方
(3)父の場合には、合計所得金額が500万円以下の方
※婚姻届はなく現に事実上の婚姻と同様の関係にある方、税法上の寡婦(夫)控除を受けている方、
生活保護受給者、市民税非課税の方は対象外となります。



【所得控除額】
税法上の寡婦(夫)控除の額に準じます。
 
区分 寡婦(特定)控除 寡夫控除寡婦控除
合計所得金額 5,000,000円以下 5,000,000円以下 5,000,001円以上
市民税の控除額 30万円 26万円 26万円


【必要書類】
(1)三島市寡婦(夫)控除みなし適用申請書
(2)児童扶養手当受給者証の写し
(3)児童扶養手当を受給していない方については、申請者・子の氏名の記載がある戸籍全部事項証明
※このほか必要に応じて、みなし適用に必要な書類の提出を求めることがあります。

【注意事項】
(1)みなし適用を実施しても、結果として保育料が減額とならない場合があります。
(2)みなし適用は、保育料算定にのみ用いるものであり、税法上の控除を受けることはできません。
(3)所得や世帯状況に変更があった場合は、速やかに三島市子ども保育課まで申し出てください。
(4)保育料決定時期(4月および9月)ごとに、三島市寡婦(夫)控除みなし適用申請書を提出してください。

【申請窓口】
三島市役所 子ども保育課 子ども保育係

申請書ダウンロード
(PDF)三島市寡婦(夫)控除みなし適用申請書
(Word)三島市寡婦(夫)控除みなし適用申請書