三島市公共施設等総合管理計画について

公共施設等総合管理計画の策定について

 近年、全国的な傾向として、人口減少や少子高齢化の進行などによる社会構造や市民ニーズが大きく変化していることに加え、高度経済成長期に整備されてきた公共施設等は、老朽化に伴う施設の改修や更新という大きな変革時期が到来しようとしています。
 本市では、昭和40年代から50年代にかけて急激な人口増加や都市化に伴う行政需要の増大に応じて、小中学校や市営住宅、福祉施設などの公共建築物や道路、橋りょう、上水道などのインフラ系施設を集中的に整備し、市民の生活基盤、地域コミュニティの拠点などとして大きな役割を果たしてきました。
 しかし、少子高齢化や社会保障費の増加により、本市の財政状況が一層厳しさを増す中、平成26年4月に作成した公共施設白書で明らかになったとおり、公共施設の改修や更新(建替え)に多額の費用が必要となるうえ、道路や橋りょう、下水道などのインフラの更新にかかる費用を考慮するとより深刻な問題となります。
 そこで、このような状況を市民の皆さまにできるだけ早くお伝えし、どのように対応していくべきかを皆さまと共に検討していきたいと考え、本市ではいち早くファシリティマネジメントの取り組みを始めたところです。
 平成26年4月には、総務省より全国の地方公共団体に対し、「公共施設等総合管理計画の策定要請」を発出しました。
 この「三島市公共施設等総合管理計画」は、公共施設等の全体像を明らかにし、様々な社会情勢を踏まえ、長期的な視点を持って、財政計画と整合した公共施設等の総合的かつ計画的な管理を推進することを目的として策定したものです。

今後の取り組み

 公共施設マネジメントは、単に施設の削減を推し進めるものではありません。これまでに蓄積されてきた公共施設という貴重な市民の財産をどのように活用し価値を最大化するか、また、将来世代に過大な負担とならないよう残していくのか、さらには、将来の三島のまちづくりについて考えるためのものです。
 今後は本計画で示した3原則の取り組み方策を基に、中長期的な視点から、それぞれの施設の有効活用に向けてどのような取り組みが必要かを考えていくことになります。各施設の所管部署で将来実施すべき施策と合わせた取り組み内容について適切な検討を行い、この検討結果を施設ごとの方針として集約し、財政見通しを踏まえながら中長期の実行計画である公共施設保全計画(個別施設計画)を策定し、公共施設マネジメントを推進していきます。

公共施設等総合管理計画は、以下のファイルをご覧ください

●三島市公共施設等総合管理計画

※公共施設等総合管理計画は、市役所情報公開コーナー、図書館本館及び中郷分館で閲覧できます。