日本大学国際関係学部と三島市選挙管理委員会で協定を締結しました。

日本大学国際関係学部・短期大学部(三島校舎)と三島市選挙管理委員会で、「期日前投票所設置等の協力に関する協定」を締結しました。

協定締結の目的

学生をはじめとする幅広い若者の選挙への関心を高め、投票率の向上につなげることを目的としています。
選挙期間中の構内における臨時の期日前投票所の設置や選挙啓発活動を連携して実施していく予定です。

協定締結式

平成28年4月26日(火)午後1時30分に、日本大学国際関係学部の本館第2会議室において協定の締結式を行いました。

日本大学国際関係学部 渡邊武一郎 学部長と
三島市選挙管理委員会 今井紀三男 委員長が、協定書に署名し、「期日前投票所設置等の協力に関する協定」を締結しました。
締結式の様子はこちらからご覧いただけます。(外部リンクyoutubeに接続します。)

協定による主な協力内容

  • 構内における期日前投票所の設置に関すること。
  • 啓発活動における構内の使用に関すること。
  • 啓発活動における学生の参加に関すること。
  • 構内に設置された期日前投票所は、学生等のほか、三島市の選挙人名簿に登録されている選挙人も利用することができること。

具体的な計画

  • 任期満了により予定されている平成28年の参議院議員通常選挙において、試行的に三島駅北口校舎のロビーに期日前投票所を設置を計画しています。
    対象となる学生数を考慮して、設置は1日程度とし、開所時間は、学生の講義受講を考慮して、講義前、講義後に投票できるように設定予定です。

  • 今後、学生向けの選挙啓発を強化します。啓発のアイデアや実際の啓発活動に学生の協力を求めていきます。