ふるさと再発見「平安・鎌倉から民間信仰を守り続けた函南町桑原区の里を訪ねて」バスツアー

錦田公民館ふるさと再発見「平安、鎌倉から民間信仰を守り続けた函南町桑原区の里を訪ねて」バスツアー

錦田公民館「ふるさと再発見平安・鎌倉から民間信仰を守り続けた函南町桑原区の里を訪ねて」バスツアー

三島・函南エリアに平安、鎌倉時代の仏師の彫像した 仏像が多くあります。
 函南町桑原区に住まいする方々は、お寺や仏像を白鳳、平安・鎌倉と信仰しさらに
寺院が衰退した後も、明治30年代後半「薬師堂」を建立して仏像を民間信仰で守り通してきました。
「薬師堂」の仏像は、かんなみ仏の里美術館にて文化財・美術品として公開しています。
とくに、平安時代彫像の「薬師如来」・平安時代後期に実慶が彫像した国の重要文化財「阿弥陀如来」は必見で
す。桑原区の住民のみなさんの「熱き想い」があふれる桑原区を訪ねたいと思います。
1 日時:平成28年7月23日(土)午前9時~12時00分(8時50分集合)
2 会場:錦田公民館(〒411-0801 三島市 谷田973-1)
3 内容:かんなみ仏の里美術館、薬師寺堂跡、四国三十三か所写し霊場散策
     新光寺、平清寺跡、熊野神社をバスにて巡ります。
4 募集:30名様程度(対象:小学校5年生以上)
5 持ち物:筆記用具、飲み物、ウオーキングスタイル・靴など
6 参加費:200円(かんなみ仏の里美術館入館料)
7 申し込み:氏名、住所、年齢、連絡先(電話番号)を錦田公民館(〒411-0801 三島市 谷田973-1)まで郵便はがきでお申し込み下さい。
8 問い合わせ:錦田公民館 ℡055-973-0308