三島市地域福祉計画

地域福祉計画とは

 地域に住むすべての人が生活しやすい地域社会をつくるためには、行政などによるサービスの提供だけではなく、地域の人たちがお互いに助け合い、支え合いながら、誰もがその人らしい生活をおくれるような「地域ぐるみの福祉」の推進が求められています。
 地域福祉計画とは、社会福祉法第107条において、市町村で策定することが規定されており、「地域ぐるみの福祉」の推進に向けて、住民の自主的な活動や関係諸団体の活動、公的サービスが連携し、「自助」・「共助」・「公助」のバランスのとれた地域社会を築いていくための指針となる計画です。

地域福祉イラスト01

三島市の地域福祉計画の策定について

 本市では、平成17年度に、平成18年度から平成22年度までの5年間を計画期間とする三島市で最初となる三島市地域福祉計画を策定しました。
 その後、第1次計画を見直しのうえ、平成22年度に「ふれあい、支え合う、みんな生き生き、福祉のまちづくり」を基本理念として、平成23年度から平成27年度を計画期間とする第2次計画を策定し、地域住民はもとより、社会福祉事業者、地域で福祉に関わる人々、行政等が連携し、地域における人と人とのつながりを大切にし、お互いに支え合い助け合う関係の強化に継続的に取り組んできました。
 平成27年度の第2次計画の計画期間満了を迎えるにあたり、第2次計画の検証や市民意識調査を実施したところ、住民の方々の福祉に対する関心度の低下や、隣近所や世代間の交流が少ないことなどが地域の課題として顕在化しており、継続した地域福祉の推進に取組む必要性が把握され、学識経験者や各種団体の代表者を委員とした地域福祉計画策定懇話会を設置し、委員からの意見・助言を受け、平成28年度から32年度を計画期間とする第3次三島市地域福祉計画を策定しました。
計画回次 策定年度 計画期間 基本理念
第1次
平成17年度 平成18年度~平成22年度 共に生き、共に活動し、共に築く、福祉を育てるまちづくり
第2次
平成22年度 平成23年度~平成27年度 ふれあい、支え合う、みんな生き生き、福祉のまちづくり
第3次
(現行)
平成27年度 平成28年度~平成32年度 ふれあい、支え合い、思いやりの気持ちを実践するまち

第3次三島市地域福祉計画の位置付け

 第3次三島市地域福祉計画は、第4次三島市総合計画を上位計画とし、本計画は市総合計画の中で、社会福祉の推進における基本となる計画として位置付けられています。
 また、保健福祉分野の個別計画(高齢者保健福祉計画、介護保険事業計画、障害者計画、障害福祉計画、子ども・子育て支援事業計画、健康づくり計画)に共通した課題の一つである「支援が必要な方を地域で連携して支えていく」という地域福祉推進の観点を地域福祉計画において、その理念や方向性を示し、整合を図りながら策定・推進しています。
位置付け

第3次三島市地域福祉計画の概要

計画書表紙
【計画期間】
 平成28年度から平成32年度

【基本理念】
 ふれあい、支え合い、思いやりの気持ちを実践するまち

【基本目標】
 1 地域福祉への関心と市民参加を高める意識づくり
  (1)地域福祉への関心・理解の促進
  (2)地域でふれあう機会の創出
  (3)地域活動やボランティア活動への支援
 2 地域をつなぎ福祉基盤を充実する仕組みづくり
  (1)相談体制の機能強化と情報提供の充実
  (2)福祉サービスの提供体制や質の充実
  (3)地域での支え合いやネットワークづくり
  (4)福祉に携わる人材の育成・確保
 3 健康で安全・安心に暮らせる環境づくり
  (1)地域防災緑の向上
  (2)犯罪や交通事故から市民を守る活動の推進
  (3)誰にもやさしい生活環境の整備
  (4)住民の生きがいと健康づくり


第3次三島市地域福祉計画ダウンロード