平成28年度男女共同参画小学校出前講座が開催されました

小学生を対象に、個性を尊重し、心豊かな人間として自立できるよう、市立北上小学校で出前講座が開催されました。
その講座の内容をご紹介します。

1年生:絵本『ぼくだけのこと』

日時:平成28年11月24日(木)
場所:市立北上小学校 体育館
講師:スギヤマカナヨさん(三島市出身の絵本作家)

◎スギヤマカナヨさんが描いた絵本『ぼくだけのこと』(作:森絵都)の読み聞かせ
◎ワークショップ

誰一人として同じではない、かけがえのない存在であることの尊さと互いを尊重することの大切さについて学ぶ機会となりました。

発表の内容(一部)
○ねこがすき
○わたしだけさかあがりできない
○サッカーができる など。

講師のスギヤマカナヨさん

6年生:絵本『レンタルおばけのレストラン』

◎スギヤマカナヨさんが描いた絵本『レンタルおばけのレストラン』(作:宮本えつよし)の読み聞かせ
◎ワークショップ

誰かのために自分ができることを考え、絵と文で発表しました。

発表の内容(一部)
○歴史を教えます
○友達になってあげます  など。

講座の様子

講師紹介

スギヤマカナヨさん
三島市出身の絵本作家。山田小、北中、北高を卒業し、東京学芸大学で美術を学ぶ。現在東京在住。『ペンギンの本』で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。 『ぼくだけのこと』(直木賞作家 森本絵都)の挿絵や『ほんちゃん』など、ユーモアあふれる中に心温まる子どもたちの姿を描いている。 デザイナーとしても、本の装幀・グッズデザインなど幅広い分野で活躍している。二児の母でもあり、子育てをしながら創作活動を行っている。


主な作品
 『K.スギャーマ博士の動物図鑑』(絵本館)
 『ほんちゃん』(偕成社)
 『山に木を植えました』、
 『てがみはすてきなおくりもの』、
 『ゾウの本』、『ネコの本』(講談社)
 『ぼくのおべんとう』、『わたしのおべんとう』
 『あーん、して』、『みーせーて』(アリス館)
 『あかちゃんがうまれたらなるなるなんになる?』(ポプラ社)
 『いっしょにごはん』(くもん出版)
 『おかあさんはおこりんぼうせいじん』(PHP研究所)など

男女共同参画出前講座とは?

三島市では毎年、幼稚園や保育園、学校、地域、企業などにお伺いし、皆さんが男女共同参画について考える機会を設けさせていただいています。
性別によって生き方が決められてしまうことがないよう、多様性を認め合うことのできる社会が望まれています。その実現のためには、社会の仕組みを整えていくのと同時に、一人ひとりが意識的にこの問題について考えていくための講座です。