貴金属等の訪問買取にご注意ください!

 「不用品なんでも買取ります」「 外国に寄付するので不用な靴や衣類を売ってほしい」などと持ち掛け、貴金属等を相場より著しく低い価格で強引に買い取っていく訪問買取業者にご注意ください。苦情や相談が多数寄せられています。

【注意するポイント】
・売りたくない場合には、きっぱりと断りましょう。
・売却する場合は、一人で対応せず、家族や近所の人に立ち会ってもらいましょう。
・売却した時は、「契約書面」を必ず受け取り、大切に保管しましょう。
・業者に居座られたり、脅されたりした場合は、警察に連絡しましょう。
・トラブルになった場合は、市民生活相談センターまたは消費者ホットライン(局番なし188)へ相談してください。

【訪問購入に関する主な規制】
 平成25年2月21日に特定商取引法が改正施行され、訪問購入についても、法定書面を受け取った日を含めて8日以内であれば、無条件で契約を解除(クーリング・オフ)することができることとなりました。
 この他、下記の規制が盛り込まれました。

・購入業者は、消費者が呼んでいないのに訪問してはいけません。(不招請勧誘の禁止)
・購入業者は、執拗な勧誘や長時間の勧誘をしてはいけません。(迷惑勧誘の禁止)
・購入業者は、契約の際、消費者に書面を交付しなければなりません。 (書面交付義務)
・消費者は、クーリング・オフ期間内は、業者へ物品を引渡さなくてもよいです。 (引渡しの拒絶)
・大型家電、家具、自動車、書籍、CD、DVD、ゲームソフト、有価証券は対象になりません。