「火災保険で雨どい等が無料で修理できる」は、本当?

火災保険等には自然災害による家屋や付属設備の損害も補償する商品があり、これを当て込んだセールスと思われますが、トラブルも多いので十分注意しましょう。

三島市では雨どいの無償交換は行っておりません

 「三島市で雨どいの無料交換を行っているのか?」「火災保険で雨どいの修繕が無料でできるというチラシを見たが、本当か?」「近所の高齢者が工事を頼もうとしているようだ。怪しい業者ではないか?」などのお問合せが多数寄せられています。チラシの文章中に「三島市」の記載が複数回あるため誤解される方が多いようですが、三島市とは無関係の業者です。

火災保険を使って住宅修理をすることの問題点

 これは、自然災害による住宅の損害が、火災保険等の補償対象になる場合があることを知らない消費者が多い点に着目した勧誘方法で、最終的に住宅修理工事契約を結ぶことを目的としていると思われます。事業者の多くは「保険金の範囲内で修理するから自己負担はない」などと、「無料」を強調して消費者を勧誘し、「保険金の請求を代行する」というサービスと住宅修理サービスまで一連の契約を結ばせようとします(以下、このようなサービスを行う事業者を「申請代行業者」とする)。
 申請代行業者と、保険会社は無関係のため、必ずしも工事費用の全額が保険でまかなわれるとは限りません。仮に保険金が出たとしても、申請手数料を先取りされるケースもあります。また、契約をキャンセルした場合に、多額の違約金を請求されたというケースもあります。
 そもそも、火災保険等の目的は、自然災害によって発生した家屋や付属設備の損害を補償するものであり、住宅修理(リフォーム)に用いることは不適切です。そのため、保険会社の査定によっては契約違反とみなされ、契約していた保険契約そのものまで無効になることもあり得ます。

消費者へのアドバイス

・申請代行業者のチラシ等をうのみにしない
・契約している保険の内容を確認した上で、事実に基づいて保険金を請求する。分からなければ保険会社に問い合わせる
・住宅修理を行う場合は、複数の業者から見積りを取り、慎重に判断する
・修理の着工前に代金を全額前払いすることは避ける
・困ったときは、市民生活相談センターまたは消費者ホットライン(局番なし188)へ相談してください