新生児聴覚スクリーニング検査について

市では、平成29年4月1日より、新生児期の聴覚障害の早期発見のため、県内を中心とした指定医療機関で実施した新生児聴覚スクリーニング検査について「新生児聴覚スクリーニング検査受診票」を交付し、公費助成を行っています。 赤ちゃんの健康のため、必ず受診しましょう。

新生児聴覚スクリーニング検査受診票使用上の注意

  • 下記の受診時期に新生児聴覚スクリーニング検査受診票を使用してください。
  • 下記の助成額を超える部分は自己負担となります。
  • 受診時に三島市内に住民登録のある新生児が対象です。

新生児聴覚スクリーニング検査受診時期

お子様が出生後初めて受けた聴覚検査で、出生した病院、医療機関等に入院中に受診してください。
出生した医療機関等に検査の機械がなかった等、入院中に実施できなかった場合については、生後1か月以内に受診ください。

助成額

出生後初めて受けた検査で、下記のどちらかの検査の一方のみが対象となります。
 (1)自動ABR 上限4,700円
 (2)OAE    上限2,100円

※上限金額以下である場合は実費となります。
例:自動ABRで5,000円支払った場合→補助金4,700円
  自動ABRで3,000円支払った場合→補助金3,000円

交付場所

三島市立保健センター (三島市南二日町8番35号)

里帰りなどにより県外の医療機関等で検査を受ける方に

里帰り先など県外の病院や医療機関等で新生児聴覚スクリーニング検査を受診する場合も補助が受けられます。 詳細については下記をご覧ください。