一緒に働こう!職員紹介(小澤紀子)

職員インタビュー:人とのつながりが財産

小澤 紀子(おざわ のりこ)


小澤紀子
平成16年度入庁(14年目)
市民税課:市民税係
【現在の仕事内容】
住民税、国民健康保険税、軽自動車税、課税証明の発行など、税金に関わる業務を行う市民税課で、住民税に関わる仕事をしている。主に、市民や会社などから提出される資料をもとに、市県民税の賦課決定を実施。
【現在までのみちのり】
1.市民課1年
2.広報広聴課4年
3.秘書課5年
4.市民税課3年(現在4年目)

入庁した理由は?


 市民にとって市役所はとても身近な存在。市民の人と直接触れ合える仕事がしたい、まちの人を支えるために自分の力を発揮したいと思い市役所を受けました。
函南町の出身ですが、三島に愛着があり、元気のあるまちだと思って三島市役所を選びました。

仕事のやりがいは?


小澤さん:業務
 市民税課は、市役所の中でもとても大所帯の課で、新人から、上の人までさまざまな年齢層の人がいます。
 人数が多いこともあり、それぞれの考えを、取りまとめて力を合わせて、遂行することは大変ですが、やりがいを感じています。
 この課には、必ず新人が配属されるので、1年たったらすぐ自分が教える立場になりますが、みんなのサポートなどで乗り越えることができています。

三島市役所でよかったと思うことは?


 定期的に異動がある市役所では、さまざまな業務に就くことになりますが、職員のつながりが強く、課を越えて助け合えています。
 私自身ここまで来られたのは、先輩方のおかげです。また、部活を通した色々な人との出会いで、それぞれから違う視点のアドバイスをもらうことができ、自分の引き出しの中身が増えてきていると感じています。
趣味を通じて仲間も増え、視野が広まりますよ。

趣味や休日は何をしていますか?


小澤さん:駅伝部
 市役所では、部活動が盛んで、テニス部や駅伝部に所属をしています。
 上下問わず、他課の人、専門職(技術職・保健師・保育士)など色々な人と交流ができるだけでなく、スポーツ自体が気分の切り替えにもなります。
 また、仕事の面でも部活動で築いたつながりが生かされており、仕事がしやすいと感じています。

1日のスケジュール

07:00|起床


 ↓  お弁当作りなど朝の準備


08:15|職場へ到着


 ↓  メールチェックなど


08:30|始業


 ↓  デスクワーク(窓口対応や電話、入力やチェック作業など)


12:00|昼休み


 ↓  お昼


13:00|午後の仕事スタート


 ↓  デスクワーク(窓口対応や電話、入力やチェック作業など)


17:15|終業


 ↓  仕事のキリの良いところまで残業


18:50|帰宅


 ↓  市役所のテニス部の練習。その後みんなでご飯へ。


23:00|帰宅


 ↓  ゆったりリラックスタイム


24:00|就寝

メッセージ

 市役所には、定期的に異動があるため、今までやっていた仕事とはまったく違う職種につきます。
 そうすると直接的には結びつかなくても、前の部署でやったことが次の職場で役立つことも数多くあります。
 1つ1つの仕事は、自分の糧になり、すべて市民のためになっています。
 いくつになっても学ぶことが多いので、謙虚に、そして新しいことを学ぼうという気持ちを持ち続けられる人を待っています。