市長定例記者会見(平成29年4月21日)

冒頭

【冒頭】(1)第5回 みしま花のまちフェアの開催について
[産業文化部 農政課]
5 月27 日(土)・28 日(日)、楽寿園をメイン会場に、 また、サテライト会場として、商工会議所TMOホールや 大社の杜みしま 他 にて 「第5回 みしま花のまちフェア」 (主催:みしま花のまちフェア実行委員会 会長:山形 武弘(たけひろ) が開催されます。
 このイベントは、「美しく品格のあるまちづくり」を 市民と協働で進める「ガーデンシティみしま」推進事業の 一環として 開催されるものです。
 フェアのコンセプトは 『花を見て楽しみ、更に五感で 花を楽しむ』です。
 また今回は、会場の「花と人」の 触れ合いを テーマに 「花と笑顔の フォトコンテスト」を 実施します。 後日 審査を行い、 入賞者には、三島の特産品を 副賞としてご用意します。
 なお、両日にわたって「美食の広場」を開催し、 おいしい飲食を 楽しむこともできます。 ぜひ、多くの皆様に 楽しんでいただきたいと思います。
【冒頭】(2)三島市の『COOL CHOICE(クールチョイス)』宣言について
[環境市民部 環境政策課]
 4月25日(火)、16時から、市長応接室にて、 三島市は、地球温暖化防止に関する国民運動 『COOL CHOICE(クールチョイス)=賢い選択』に 取り組むことを宣言いたします。
 2015年12月に2020年以降の2030年までの 地球温暖化対策の 国際的枠組み「パリ協定」の採択を受け 政府は、2013 年度比で 二酸化炭素排出量を 約26%削減するという 中期目標を 掲げました。
 当市では、2017 年3 月に 「三島市 地球温暖化対策 地方公共団体実行計画」 を改訂し、 2012 年度比で 約12%削減する という、短期目標の設定、 また、2030 年度は政府の定めた中期目標の達成を掲げました。
 目標達成のため、 三島市はこの「ク-ルチョイス」に賛同し、 取り組み宣言を行い、 省エネ・ 低炭素型 の行政運営の推進、 快適な暮らしにもつながるあらゆる「賢い選択」を進めていきます。
 具体的な取り組みは、 クールビズ・ ウォームビズの実施、 省エネ機器の 買い替え促進、 照明の 効率的な利用促進、 公共交通機関の 利用促進、 エコドライブの推進、 エコカーの普及促進 等に 関する 啓発を 推進いたします。
【冒頭】(3)女子プロゴルフトーナメントの開催について
[産業文化部 商工観光課]
 平成29年4月28日(金)から30 日(日)、 「グランフィールズカントリークラブ」にて 昨年に引き続き、女子プロゴルフ トーナメント 「サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント」が 開催されます。
 4月28日(金)、29日(土)が予選ラウンド、 30 日(日)には 決勝ラウンドが 行われる予定です。 昨年は、福嶋浩子(ふくしま ひろこ)選手が プレーオフの 激闘の末、 悲願の 初優勝を飾り、 LPGA ツアー史上 初となる 姉妹優勝を 成し遂げました。
 今年も 富士山を 望む 絶好の ロケーションのもと、 熱い ドラマが 生まれることを 期待します。
【冒頭】(4)平成29年度 三島市スポーツ保育推進事業について
[健康推進部 スポーツ推進課]
 三島市では、親子のふれあい遊びをとおして 子どもの 運動能力を 向上させることを目的に 1歳6カ月児健診 に合わせ、ボールをプレゼントする スポーツスタート事業を 実施しています。
 今年度から 全国的に スポーツ施策としての 取り組みが薄い 幼児期における 運動機会を 更に 拡充させるため、 市立幼稚園・保育園で 4、5歳児を 対象に 、 順天堂大学 スポーツ健康科学部 及び 保健看護学部との 連携により 教員、学生等の指導による、 体力測定や 運動遊び教室を 定期的に実施します。
 幼稚園・保育園で 様々な 運動の実技を、 日常の保育や、教育現場で 継続して 実施することにより、 園児の運動機会を 増やし、 少年期につながる 運動能力の向上、 生涯にわたって 健康的で 活動的な生活を 送るための 基礎的な体力や 能力の発達を 促していきます。
【冒頭】(5)子育て応援パンフレットの発行について
[社会福祉部 子育て支援課]
 三島市では、合計特殊出生率 の 向上、 子育て世代に 選ばれるまちを目指し、 子どもや 子育て家庭を 支援する 各種施策を 推進しています。
 このたび、市の特色ある 子育て支援事業を 集約したパンフレット「みしまde 子育て」と、 子育て家庭を 応援する 三島 大通り商店街の 情報を満載した 「三島大通り商店街 子育て応援マップ」を 発行しました。
 行政、 地域、 商店街等 三島の まち全体で 子育ち・子育てを 応援していることを PRすることにより、 さらに、安心して 子育てができる 温かい社会づくりを 進めてまいります。
【冒頭】(6)三島市医療介護連携センターの開設について
[社会福祉部 長寿介護課]
 5月1日(月) 三島メディカルセンター 3 階にて 「三島市医療介護連携センター」の 開所式を 開催します。
 三島市では、スマートウエルネスの 取り組みと 並行し、 住み慣れた地域で 療養しながら安心して生活が送れるよう、 地域包括ケアシステムの 構築を進めています。
 その中核を担う機関として、 5月1日から 本センターを開設し、 急性期医療から 在宅医療、介護、看取り(みとり)までの 一連のサービスを、切れ目なく 一体的に提供する体制を 整備します。
 センターには、医療と介護の 両方の知識が豊富な コーディネーターが センター長である 非常勤医師の 指示のもと、 本人や家族、医療・介護関係者の 相談支援にあたります。
 なお、県内でセンターを設置している市町では初めて、 医師会医師の 輪番配置を組むことにより 退院時に かかりつけ医がいなくとも、 在宅医療が 受けられる体制を 整えてまいります。
【冒頭】(7)「みしまの文化百花繚乱2017」 登録プログラムの募集について
[産業文化部 文化振興課]
 市制施行75 周年 及び 文化振興基本計画 の 策定を契機に 昨年度から 行われている 登録参加型の 市民文化フェスティバル 「みしまの文化百花繚乱」を 今年度も実施します。
 対象は 本年9月から11 月に、 市内で開催される 文化にまつわる 催事や活動です。
 5月31日まで プログラムの登録を 受付けていますので、 ふるってご応募ください。
 また、補助金を希望する 団体等のうち、 審査のうえ 特に 開催効果の高いと 期待できる 催事や 活動を行う団体等 5 件程度を選定し、 事業費の一部を 補助します。
【冒頭】(8)「市民主体のまちづくり活動費補助事業」提案の募集について
[企画戦略部 政策企画課]
 市では、市民団体等の皆さんが 自主的・主体的に 企画・立案、実施する 新たな活動や、 既存の内容を 拡充する活動に対して 「市民主体のまちづくり活動費補助事業」 を実施し 支援します。
 この補助事業は、平成25 年度から 実施しており、 今年度は 「人口減少対策」 をテーマといたします。
 まちづくり活動の きっかけづくりや、 既存グループの 活性化などに、 活用していただきたいと 考えています。
 なお、昨年度採択となった 9事業の活動を 団体代表者の皆さんが 報告する 「活動発表会 及び 事業説明会」を 4月22日(土)に 開催しますので、 併せてお知らせします。
【冒頭】(9)平成29 年度職員参集訓練の実施について
[企画戦略部 危機管理課]
 新年度の 新たな災害対策 本部体制のもと、 4 月28 日(金)に 南海トラフ地震の 突発型 大規模地震が 発生した場合を想定し 参集訓練を行い、初動体制の 基本的事項を 確認します。
 対象は全職員。 総合防災センターの 災害対策本部室 及び 各職場で 実施します。
 訓練内容は、職員参集の伝達、徒歩等参集、 被害状況の報告、本部員 会議、 オフロードバイク隊の 出動などの訓練です。
 特に本部員 会議訓練終了後に、 参集する職員に対し、 初動体制の 心構えの共通認識を 持たせるため、 「市町村長による 危機管理の要諦 ようてい 」を周知し、 迅速で 適切な 災害対策本部体制の構築を 図ってまいります。

主な行事予定

【行事】(1)楽寿園イベントついて
[産業文化部 楽寿園]
 新緑の中、たくさんの花で 美しく 彩られた 楽寿園では、大人気の イベントが 目白押しです。
 4月29日(土・祝)の 三島市民の日 は、入園無料です。
 今年は、新企画として、楽寿園 飼育員による、 「とっておきキーパーズ トーク」を開催します。 ワラビーや カピバラについて 飼育員ならではの 分かりやすい 解説をします。
 また、29 日(土・祝)と30 日(日)の2 日間は、 「三島でインディア カレー博2017」が 開催されます。 県東部の 人気カレー店が 8 店舗出店するほか、 インド舞踊や 体験型のワークショップなど エスニック気分を 満喫できます。
 5月13日(土)、14日(日)には、 毎年大人気の「楽寿園ラーメン フェスタ」が 開催されます。
 有名ラーメン店 7 店舗が 集結し、 味比べを 楽しむことができます。
 その他にも、各種展示会や、民間団体主催の 魅力的なイベントが 開催予定です。
【行事】(2)「岩手県やまだ港(みなと) 開運市~たっぷり三陸・海の幸 in みしま」 の開催について
[産業文化部 文化振興課]
 5月3日(水・祝)・4 日(木・祝)の2 日間、 午前10 時から 午後4 時まで 楽寿園 のりもの広場 にて 東日本大震災の 津波により 大きな被害を受けた 山田町から 漁業の復興に 懸命に取組んでいる 漁業者集団 「第八開運丸」の皆様を お招きして、 「岩手県やまだ港(みなと) 開運市」を開催します。
 当日は、三陸の海の幸が ふんだんに 味わえるほか、 水産加工品の 販売も 行います。
 また、これに先立ち、5月2日(火)には、 市長表敬が 予定されています。 自らの被災体験や 山田町の現状、 水産業の 復興状況などについて 話を伺う予定です。
 なお、5月5日には 大通り商店街まつり にも 参加する予定です。
【行事】(3)春の大通り商店街まつりについて
[産業文化部 商工観光課]
 5月5日(金・祝) こどもの日に 「春の大通り商店街まつり」が 開催されます。 11 時~16 時まで、 大社町西交差点から 三島広小路駅の 踏切までが、歩行者天国となります。
 今年の見どころは、 世界で 活躍する 加藤学園高等学校 チアリーダー部 と 吹奏楽部による パレードで、 華麗な演技と 迫力ある演奏が おまつりを 盛り上げてくれます。
 パレードは、 三石神社を スタートし、三嶋大社方面へと 行進していきます。
 また、パレード前には チアリーダー教室も 予定されています。 中学生以下は、 誰でも 参加でき、 パレードには 一緒に ご参加いただけます。
 昔懐かしい 遊びが楽しめる 「昭和広場」 を始め、 新鮮な 「箱根西麓三島野菜」の市(いち)、 三島ブランド販売、 和太鼓演奏や マジックショーなど、 楽しいイベントが 盛りだくさんです。
 是非 ご家族で 「春の大通り商店街まつり」に お越しください。
【行事】(4)絵本作家・宮西達也さん 「TATSU’S GALLERY」(タツズ ギャラリー)オープニング・レセプションの開催について
[産業文化部 文化振興課]
 5月5日(金・祝)午前11 時から 中央町4‐10 にて 市内在住の 絵本作家・宮西達也(みやにし たつや)さんの 「TATSU’S GALLERY(タツズギャラリー)」の オープニング・レセプションが 開催されます。
 このギャラリーは、 「三島の子どもたちにも 大人たちにも 気軽に絵本の世界、 絵を描くこと、 文章を作ることの楽しさに もっと 触れてもらいたい」 との宮西さんの 強い想いから 開館が実現しました。
 ギャラリーは 子どもから 大人まで 宮西さんの 絵本ワールドを 楽しめるものと なっています。
 また、絵本や グッズの販売も 行うほか、 今後も 本館を起点に ワークショップなどの イベントを 多数実施予定 です。
【行事】(5)第37 回三島の川をきれいにする奉仕活動について
[環境市民部 廃棄物対策課]
 5月14日(日) 午前8時30分から、 市内中心市街地を 流れる、 桜川、御殿川、蓮沼川の 3河川にて、 「第37 回 三島の川をきれいにする 奉仕活動」を 実施します。
 この活動は、昭和56 年から 三島市の 清らかなせせらぎと、美しい 水辺環境を守り、 市民の皆様との 協働による 美しいまちづくりを 推進するために 実施しているものです。
 清掃活動には、河川流域の 自治会など 36 団体、 約2,000 人の 参加を 予定しておりますが、 より多くの 市民の皆様が ご参加くださいますよう、 よろしくお願いいたします。
【行事】(6)平成29 年度三島市自主防災組織事務説明会について
[企画戦略部 危機管理課]
 5月18日(木)、19日(金)午後7 時より、 三島市社会福祉会館 4階 大会議室にて、 平成29 年度 三島市自主防災組織 事務説明会を開催します。
 市では、東日本大震災や 熊本地震の教訓を踏まえ 南海トラフ等 巨大地震の発生に備えた 災害対策を 重点施策として 位置づけ、 「自らの地域は 皆で守る」を目標に、 市民の 防災力向上のための 啓発活動や 効果的な 防災訓練の実施を 推進しています。
 新たに 自主防災組織の 役員になった人も 多く いらっしゃいますので、 市の防災事業、自主防災組織の 活動方法や 市からの 助成事業について 「自主防災組織活動マニュアル」に基づき 説明をします。
【行事】(7)第24 回 国際交流フェアの開催について
[環境市民部 地域協働・安全課 国際交流室]
 5月21日(日) 午前11時から 三島商工会議所 TMOホールにて、 三島市国際交流協会 主催の 「第24 回 国際交流フェア」が 開催されます。 国際交流協会は、姉妹都市 交流事業をはじめ、 英語スピーチコンテストなどの 教育文化事業、 また、在住外国人との 交流事業など 毎年、様々なイベントを 実施しています。
 このフェアは、 協会の主催する 最大のイベントであり、 今年は 趣向を変え、 「世界の料理」と「世界の踊り」をテーマとした イベントを計画しています。 ぜひ、ご家族・ご友人をお誘い合せの上、ご来場下さい。
【行事】(8)平成29 年度三島市水防訓練について
[企画戦略部 危機管理課]
 5月23日(火)午後1時30分から 3時30分まで 三島市総合防災センター 災害対策本部室、 市内の 水位監視場所、排水機場等 及び 各 要配慮者施設 にて 三島市、三島市消防団、 富士山南東 消防本部、水防関係機関が 相互に連携した 水防訓練を実施します。
 この訓練は、 出水(しゅっすい) 時期を 迎えるにあたり、 大雨による水害や 土砂災害が 予想される状況、 さらには 被害が発生したことを 想定し 行われるもので、 平成29 年度の 新たな水防本部体制のもと、 情報処理訓練を 実施することで、 風水害時の 各職員の配置、 水防関係機関との 連携等を確認し、 体制の強化を 図るものです。
【行事】(9)「三島市花壇コンクール」の表彰式について
[計画まちづくり部 水と緑の課]
 5月24日(水)、午後4時15分から 市役所本館3階第1会議室にて 平成29年度三島市花壇コンクールの表彰式を行います。
 さる4月12日(水)、13日(木)、14日(金)に 現地審査を行い、学校等、団体、個人それぞれの部門の 29件の皆様の受賞者が決定しました。 花壇コンクールは、みどりと花いっぱい運動の一環として、 彩りと安らぎのある住みよいまちづくりを目指して、 実施しています。
 平成24年度の応募数47件が、 年々増加し、本年度は68件となり、 ガーデンシティの取り組みの着実な広がりに 大変うれしく、また頼もしく感じているところです。
【行事】(10)統一美化キャンペーンについて
[環境市民部 廃棄物対策課]
 5月27日(土)午前9時から、市内中心市街地にて、 「統一美化キャンペーン」を実施します。
 この活動は、 環境省の「全国ごみ不法投棄 監視ウィーク」や、 静岡県の「ごみ削減 推進キャンペーン」に合わせ、 ポイ捨てごみの 回収奉仕作業などの 環境美化活動や 不法投棄 防止の 啓発活動を行うものです。 「中心市街地」を 自治会や商店街、市議会議員、市職員等が担当し、 ボーイスカウト 及び ガールスカウトが 「市役所から 三島駅南口周辺まで」の ゴミ回収とともに、 啓発活動『三島駅南口 街頭キャンペーン』を 実施します。
 なお、同日から開催される 「みしま花のまちフェア」の 共催事業として、 お客様を 万全の準備で お迎えする 大切な役割も 担います。

記者会見配布資料(PDFファイル)