ガスこんろや電子レンジ等の汚れによる事故

こんろや電子レンジ、電気オーブントースターなどの汚れをそのままにしていませんか?ガスこんろの煮こぼれやグリル皿、グリル庫内の油脂汚れをそのままにして使用したり、電子レンジの庫内に食品かすが付着したまま使っていると着火して事故になることがあります。

事故の事例

【事例1】ガスこんろ(LPガス用)の点火操作を行ったところ、大きな炎が上がり頭部にやけどを負った。
→当該製品はバーナーキャップ炎口の一部が汚れで塞がり点火しにくい状態だったため、スムーズに火がつかず点火操作を繰り返したことで滞留していたガスが一気に燃え上がったと考えられる。また、こんろに顔を近づけて操作を行っていたため、頭部にやけどを負ってしまった。   

【事例2】ガスこんろのグリルを使用中、製品を焼損する火災が発生した。
→使用者が当該製品のグリル受け皿を清掃せずに使用を継続したため受け皿に油脂等が溜まっており、使用中にそれらが発火して火災に至ったものと考えられる。

【事例3】電子レンジを使用中、庫内を焼損する火災が発生した。
→当該製品の庫内の導波管カバー付近に食品かすが付着している状態で使用を続けたため、食品かすが徐々に炭化し、スパークが発生して火災に至ったものと考えられる。

注意事項

【事例1の注意事項】
・調理中に生じた煮こぼれや油汚れはきれいに拭き取りましょう。 バーナーキャップの炎口部が塞がれ、点火不良や異常燃焼、不完全燃焼の原因になります。
・点火操作を行って点火できなかった時は、時間をおいてから再点火してください。
【事例2の注意事項】
・グリルを使用した後や連続使用する場合はグリル受け皿を掃除しましょう。 食品かすや油脂が付着していると、加熱され、発火するおそれがあります。
【事例3の注意事項】
・電子レンジの庫内はこまめに掃除しましょう。 庫内に食品かすが付着したまま使用すると、炭化してスパークが発生し発煙・発火するおそれがあります。