C型肝炎救済特別措置法に基づく給付金の請求期限について

1994年ころまでに、出産や手術で大量出血等をされた方へ

過去に、血液からつくられた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)が使用されたことによって、C型肝炎ウイルスに感染された方へお知らせです。

感染被害の方々に対し、「C型肝炎救済特別措置法」に基づき給付金の支給が行われています。 この給付金の支給を受けるためには、国を相手とする裁判を提起し、裁判のなかで(1)血液からつくられた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)が使用されたこと、(2)その医薬品が使用されたことによってC型肝炎ウイルスに感染したこと、(3)慢性肝炎などの症状、を確認する必要があります。 また、2018年1月15日までに裁判提起をする必要があります。 身に覚えがある方、もしやと思う方は、まずは肝炎ウイルス検査を受けましょう。 詳しくは厚生労働省のホームページをご覧いただくか、下記問合せ先へ直接ご連絡ください

厚生労働省ホームページ

[出産や手術で大量出血された方へ] こちら

お問い合わせ先

●フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口 厚生労働省
フリーダイヤル0120-509-002
受付時間9:30~18:00(土・日・祝日・年末年始を除く)

●給付金の請求手続きの問合せ先 独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)
フリーダイヤル0120-780-400
受付時間9:00~17:00(土・日・祝日・年末年始を除く)

フリーダイヤルは、携帯電話、公衆電話からもご利用いただけます。